ヨコハマのスタッドレスタイヤ「iceGUARD 5 PLUS(アイスガード5プラス)」は買いという理由

Pocket

今年発売されたヨコハマタイヤの最新スタッドレスタイヤ「iceGUARD 5 PLUS(アイスガード ファイブ プラス)」に試乗してきました。
その上で、結果から言えばコイツは「買いだ!」と感じたので、試乗した評価と感想を以下に述べていきます。

試乗環境

場 所:スケートリンク
路 面:まさにツルツルのミラーバーン
自動車:30プリウス
比 較:ブリヂストンBLIZZAK VRX(ブリザック ブイアールエックス)
    ヨコハマiceGUARD 3 PLUS(アイスガード トリプル プラス)
コース:スラローム、旋回2周、時速20kmからの制動
温 度:路面-0.5℃、気温2℃(共にヨコハマタイヤ営業担当の公表値)
その他:タイヤは全て新品
    空気圧は全車プリウスの標準空気圧(前230kPa、後220kPa)であることを代表者が確認

試乗しての評価と感想

走り出し

iceGUARD 5 PLUS

ゆっくりとアクセルを踏み込んでいくと、完全停止からの立ち上がりこそ若干空転した感覚はあったものの、動き出してからは非常にスムーズに増速しました。

VRX

iceGUARD 5 PLUSと同様の挙動で共に同点レベルでした。

iceGUARD 3 PLUS

かなり気を使って増速させてあげたものの、これ程過酷な路面状況なので仕方ないでしょう。むしろ前者2タイヤの実力が非常に高かったということです。

iceGUARD 5 PLUS VS VRX

明確な違いは感じられませんでした。双方ともに十分な性能でした。

スラローム

iceGUARD 5 PLUS

低速でのスラローム走行も案外思ったラインで走行できました。指示された速度より少し増速してみたら、やはり少し膨らみましたがこの路面状況なら致し方ないところです。
速度を戻しハンドルを切り直して立て直しました。

VRX

iceGUARD 5 PLUSと概ね同じ挙動でしたが、VRXの方が負荷がかかった状態でタイヤの変形が若干少なかったように感じました。おそらくはVRXの方が骨格がしっかりしていてコシが強いのではと考えられます。
指示された速度より少し増速してみたら、やはり少し膨らんだ為、速度を戻しハンドルを切り直して立て直しました。

iceGUARD 3 PLUS

前者2タイヤに比べ、膨らんでしまうため速度を落とさざるを得ませんでした。

iceGUARD 5 PLUS VS VRX

iceGUARD 5 PLUSとVRXはスラロームでの氷上性能は互角レベルでしたが、中高速時にはiceGUARD 5 PLUSのコシの弱さが出るかも知れません。

旋回2周

iceGUARD 5 PLUS

低速での旋回走行をしてみると膨らんでいきません。ほとんどハンドルを切り直す必要がありません。なるほど、ヨコハマはこれを体験させたかったのでしょう。
実はこの旋回は昨年の試乗会のコースにはありませんでした。正に横滑りに強くなったのが今回の目玉のひとつというわけでしょう。
横滑り防止装置の点灯は数回ありましたが、ハンドルの切り直しは舵角調整レベルでしっかり回れました。

VRX

旋回2周目に入ったあたりで外側においてあるコーンに車を接触させました。しかし、その瞬間速度メーターを見ると指示された速度をオーバーしていました。実は安心感があったため、調子に乗ってアクセルを踏み込んでしまったようです。
横滑り防止装置は常にパカパカと点いたり消えたりでしたが、やはり横方向への効きもよく流石の最新ブリザックといったところです。

iceGUARD 3 PLUS

明らかに滑っているので速度を上げるのも怖いし、細かくハンドルを切り直さねばならなかったためハンドルを握る手にも力が入り肩が凝りました。

iceGUARD 5 PLUS VS VRX

私が走った限りにおいては、横滑り防止装置の点灯は回数はiceGUARD 5 PLUSの方がVRXより少なく、且つiceGUARD 5 PLUSの方がコントロールがしやすいと感じました。というのも確かに滑ってはいるのですが滑り方が一定しているので舵角調整が最小限で済んだと感じられたからです。一方VRXは確かに効いていましたが、速度やハンドルの切れ角の僅かな差で効きが変わってしまうように感じられ、角調整の頻度が高かったように感じました。

時速20kmからの制動

iceGUARD 5 PLUS VS VRX とおまけ(iceGUARD 3 PLUS)

ドンとブレーキを踏むと、ABSがしっかり働き完全停止しました。iceGUARD 5 PLUSもVRXほとんど一緒でした。 iceGUARD 3 PLUSは車体1つ分以上先へ行ってしまいました。

前後も含めたブツブツ

こういったイベントでは常ですが撮影は禁止でしたので画像がなく申し訳ありません。何枚か撮ってやろうと思っていたんですが、周囲に十数人の営業マンがいて滑りやすい足元の中で隠し撮りは、私がチキンハートでなくとも不可能だったでしょう。(決して私がチキンだったわけではないと信じたい)
タイヤに関わるものとして、ブログネタでなくとも撮影したかったのは「タイヤの側面」です。何故なら、スペシャルタイヤ(見た目で分からなくても側面の製造コードなどに違いがあると考えられる)があり得るからで、今回のタイヤはそれを疑いたくなるほど良かったからです。限られた関係者のみの試乗会でも、社に帰れば販売責任者であったり販売スタッフなわけですから、当然その店での販売本数に大きく影響します。また持って帰った感想が良ければ試乗をしていない販売スタッフも話を聞き販売が促進されます。つまり試乗者を味方につければお店を味方につけたと同じと言えるわけです。
そんなわけで、後ほど私のお店のエリアの営業所長に「先日はありがとうございました。良かったですよ」なんて話をしながら、「スペシャルですか?」なんて鎌をかけてみましたが「がっはっは、うちにはそんなのないですよ」とのことでした。信じて良い表情と返答だったと感じました。海千山千の所長職ですから私などコロリと騙されているのかも知れませんけれど…アイスガード5プラスがVRX超えたかもわからんね。

Pocket

「ヨコハマのスタッドレスタイヤ「iceGUARD 5 PLUS(アイスガード5プラス)」は買いという理由」への2件のフィードバック

  1. Hello Web Admin, I noticed that your On-Page SEO is is missing a few factors, for one you do not use all three H tags in your post, also I notice that you are not using bold or italics properly in your SEO optimization. On-Page SEO means more now than ever since the new Google update: Panda. No longer are backlinks and simply pinging or sending out a RSS feed the key to getting Google PageRank or Alexa Rankings, You now NEED On-Page SEO. So what is good On-Page SEO?First your keyword must appear in the title.Then it must appear in the URL.You have to optimize your keyword and make sure that it has a nice keyword density of 3-5% in your article with relevant LSI (Latent Semantic Indexing). Then you should spread all H1,H2,H3 tags in your article.Your Keyword should appear in your first paragraph and in the last sentence of the page. You should have relevant usage of Bold and italics of your keyword.There should be one internal link to a page on your blog and you should have one image with an alt tag that has your keyword….wait there’s even more Now what if i told you there was a simple WordPress plugin that does all the On-Page SEO, and automatically for you? That’s right AUTOMATICALLY, just watch this 4minute video for more information at. Seo Plugin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です