誰でも出来るスタッドレスタイヤのお得な買い方の鉄則

Pocket

仕事でお車を使う方やお子さんの送り迎えがある方など、人によってはどうしても必要なスタッドレスタイヤ。
でも、結構高価ですよね。そこでお得な買い方の6つのポイントと1つの裏技を教えます。

お得な買い方のポイント

1.早く買う

最も大切なのは11月の中頃には契約を決めてしまうこと。早期割引による大幅な値引きがあることも多く、その他の特典が用意されているお店もある。大抵の場合、その店舗のハイシーズン価格の10%~20%は安く買える。


2.ネット通販で買う

やはりネット通販は断然安い。通販なしの店舗のみ営業のお店では太刀打ちできない価格帯。但し、どうしても顔の見えないお店で悪質な店舗が存在することも事実なので、信頼性のあるお店を選ぶことが必要。
そこで楽天などの大手通販サイトにあるお店を選ぶか、店舗保有型のネット通販ショップを選ぶのがお勧め。マルゼンなどは価格も非常に安く信頼性も高い。


3.ホイールセットで買う

大手ネット通販ショップは大抵オリジナルホイールを持っているので、そのホイールとのセットを選べば物凄い安い!!同業者として「なんじゃこの値段は?!」となるほど安い。ホイールセットなら自分で取り付けてもいいし、ほとんどの場合ガソリンスタンドですら履き替えに応じてくれる。面倒が少ないので個人的にはセットがお勧め。
既にホイールがあってタイヤだけで良い場合はタイヤのみで買っても良いが、どこかでは組換えてもらう必要がある。繁忙期であることも重なって引き受けてくれる店舗を探すのに苦労する場合があるが、最近は組換え専門店もあるので面倒でなければそれもよい。


4.今まで使っていたスタッドレスタイヤホイールは売る

少しでも高値を付けようと思えばヤフオクなどで売るのも手だし、面倒ならアップガレージなどの中古買取店に売る。大事なのは時期で、スタッドレスタイヤが売れる時期の少しだけ前の11月から12月中旬くらいに売ると値段が付きやすい。タイヤが無価値になっていてもアルミホイールに大きな傷がなければ3,000円程度では引き取ってくれる。最近ではスタッドレスタイヤホイールセットを購入すると、アルミ下取りで10,000円という量販店もあるが、それをしてもネット通販の安さには敵わない。


6.早期取り付けや受け取りをする

1シーズンに売れるスタッドレスタイヤホイールは想像を絶する数。いかなるショップでも大なり小なり保管スペースには頭を悩ませる。売れても商品がお店から出ていかないと最終的には詰まってしまい売り上げに影響する。繁忙期になれば人的ソースも足りなくなるため出来るだけ早期から沢山出荷してしまうのが儲かるやり方となる。
よって買う側もそれに協力すれば安く買えるというわけ。


7.昨年の売れ残りを狙う

これは言わば正攻法の裏技的で、運とタイミングが良ければ買えるイレギュラーな方法。基本的にスタッドレスタイヤはメーカーに返品できる。しかし、買い取り前提の商品も存在するし、卸業者などのルートから仕入れたタイヤは返品が出来ない為、ハイシーズンを過ぎれば売り残さない為に安く出回ることになる。シーズンを持ち越した商品も同様に安く出回る場合があるのでこれを狙うのだ。


安く買える時期・・・ハイシーズン過ぎの1月下旬から3月頃まで、またはシーズン越え品がお盆頃から出回る。


安く売られる場所・・店舗型のタイヤ取扱店が多い。現状ではネット通販の場合、シーズン落ちでも安くなっていないケースが多い。


性能に問題ないか・・管理倉庫保管なら1シーズン落ちでも性能には変化はない。ブリヂストンによる実証実験の結果も公開されている。


デメリット・・・・・同銘柄でもマイナーチェンジや、今年のDSX2のコンパウンド変更のように大きな仕様変更があると性能が大きく違う。元々安い店なら売り切っていることが多く、元値の兼ね合いで思ったほど安くない場合もあるので注意。


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です