ミニバンなら絶対得するミニバンタイヤを比較して選ぶ

Pocket

家族や友人とのお出掛けで大活躍のミニバン。タイヤ交換の時期なら参考にしてください。
➀「簡単が良い」というあなたはミニバンにおすすめのタイヤが3分類から簡単に選べます。
➁ミニバン専用タイヤのことを徹底的に知った上で選びたい方はこのまま読み進めてください。


ミニバン専用タイヤ

その名の通りミニバン専用に設計されたタイヤで、背が高く重心が高い車特有の問題に対応しています。具体的には主に2点で前輪外側の極端な摩耗の抑制走行時のフラつきの抑制です。


目次

1.メリット
1-1)摩耗寿命1.5倍
1-2)フラつき抑制
1-3)意外と安価
2.ラインナップ
3.特徴
3-1)ブリヂストン
3-2)ヨコハマ
3-3)ブリヂストン
3-4)トーヨー
3-5)グッドイヤー
4.あなたのタイヤを選ぶ
4-1)あなたのタイプから選ぶ
4-2)具体例から選ぶ





1.メリット

1-1)摩耗寿命1.5倍でお得

ミニバン特有の前輪外側の偏摩耗。ミニバンの宿命ですがタイヤの真ん中はこんなに溝が残っているのにもったいないと思われるでしょう。ミニバン専用タイヤなら外肩の摩耗を抑制をし、ミニバンセダン兼用タイヤに比べて、少なく見積もっても1.2倍、人によっては1.5倍を超える摩耗寿命がありお得です。


1-2)フラつき抑制

背の高いミニバン、特に大人数が乗車している場合は座席位置が高いことも手伝って重心が非常に高くなります。ミニバンに乗っているあなたなら経験があるばずです。十分にスピードを落としたつもりでも交差点での右左折で外側に倒れる感じ、家族旅行などで乗った高速でのちょっとした車線変更やカーブでも外側に振られてフラつき、何度もユラユラ、フラフラ。こんなフラつきを抑えてユラユラの収束も早くなるので安心感も増しますし、運転の疲れが軽減されます。また、車酔いの軽減につながることもあります。


1-3)意外と安価

一昔前はちょっと高めだったミニバン専用タイヤタイヤですが、今は同グレードのセダンミニバン兼用タイヤと変わらなくなりました。最も安価な最低グレードタイヤよりは高いですが、それでも価格差はそんなに大きくありません。先に挙げた摩耗寿命の長さから1.5倍もの価格差がないなら経済的にも十分お得で、フラつき抑えて安心感も安全性も高いとなれば安いと言って良いでしょう。


次ページではミニバン専用タイヤのラインナップを見ていきましょう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です