スタッドレスよさようなら。ピレリからオールシーズンタイヤ発売

Pocket

日本で購入できる本格的なオールシーズンタイヤと言えばGOOD YEAR(グッドイヤー)のVector 4Season(ベクターフォーシーズン)くらいでした。
しかし、今年2015年、イタリアのタイヤメーカーでF1のオフィシャルサプライヤーであるPIRELLI(ピレリ)から本格的なオールシーズンタイヤが発売されました。本国では既に発売されていたCintuRato All Season(チントゥラート オールシーズン)が日本上陸したのです。


オールシーズンタイヤのメリット

一言で言えば1セットを履きっぱなしで、1年中済んでしまうってことです。年2回の面倒な履き替えも、タイヤの置き場も必要ないのです。
費用面でも夏用タイヤとスタッドレスタイヤ合わせて2セット用意する費用は大きく年2回の履き替え費用もバカになりません。これらがかからないのです。
豪雪地や凍結の多い地域ではスタッドレスタイヤは必須となるものの、準降雪地域であれば年に数回の雪の為にスタッドレスタイヤを用意するのは費用面でも場所や手間の面でもつらいものです。そんな煩わしさから解放してくれるのがオールシーズンタイヤです。


各タイヤの特性

allseason_performanceimage

オールシーズンタイヤは夏の暑い路面でも冬の雪の路面でもしっかり走れ、スタッドレスほど雨にも弱くありません。ドライやウェットはサマータイヤには敵いませんし、雪道や氷はスタッドレスには及びませんが、どちらにも対応できます。


CintuRato All Seasonの性能

cinturatoallseason_tech技術的には「コンパウンドの温度帯」、「横溝と方向性パターン」、「多サイプによるエッジ効果」によってオールシーズンタイヤとしての効果を発揮します。また一部サイズで「シールインサイド」も採用されています。


温度帯

コンパウンドには最適な温度帯、いわば適正温度があって、一般的なもので夏用タイヤは7℃~50℃程度、スタッドレスタイヤは-25℃~10℃程度、オールシーズンタイヤは-8℃~40℃程度と対応温度帯を広めにカバーしています。それ故、スタッドレスタイヤは夏の路面で走ってモリモリ減ってしまい、逆に夏用タイヤは冬季の冷えた路面を走行するとコンパウンドが硬化して、急激にグリップが落ちてしまうのです。こんな理由から降雪しない地域であっても冬はスタッドレスタイヤの装着を勧める方もいますが、雨に弱いスタッドレスタイヤを降りもしない雪の為に履く人なんてレアですし、個人的はお勧めしません。
そこでです!オールシーズンタイヤなわけです。オールシーズンタイヤは熱い路面でも摩耗に強く熱でタレてしまうこともなく、冷たい路面でも柔らかさを保つことで、先の問題を大きく緩和してくれるのです。四季があり、様々な環境に変わる日本の道路はタイヤには厳しいのです。


横溝と方向性パターン

広い横溝が冬季の雪道で雪を押し固め後方へ掻き出すことで駆動力を生み出します。これにより雪道であっても安定した走行ができます。
夏季も広い縦溝と矢印状の方向性パターンで効率よく水を逃がすことで、昨今の日本の異常な雨でも安心して走行できます。


エッジ効果

レンガ積みの壁のようなパターンの細かいサイプが切られており、前後左右にエッジ効果を発揮します。スタッドレスタイヤほど細かいものではなく、直線的なものなのでエッジ効果としてはやや弱く、いわゆるスノータイヤのようなパターンです。
浅雪、積雪や圧雪路面のような状況であれば十分に走れます。但し、凍結した路面では滑ると考えた方が無難です。


シールインサイド

オールシーズンタイヤの性能とは関係がないので、本来ここで触れる内容ではなく導入程度にしておきます。
釘など異物が刺さってもタイヤ内面に貼られた粘性膜によって空気漏れを防ぐ技術で、フォルクスワーゲンパサートなど一部車種の純正タイヤに採用されています。
シールタイヤ(コンチシール)について








印象と評価

見て触れてカタログを読み担当営業の説明を聞き、長くタイヤに触れてきたものとしては…なんやかんやで意外と良さそうだなぁという印象は受けました。乾燥路での試乗走行は可も不可もなく問題なく走れました。音が若干気になることと、多少ゴツゴツと硬めの乗り心地なので扁平タイヤで硬いタイヤが嫌いな方には向いてないかも知れません。ピレリのオールシーズンタイヤと聞いて、どこぞの量販店で見かけるオールシーズンタイヤを思い出す方もいるかも知れません。しかし、あの書いてあるだけで雪上性能などないも同然の古臭~いなんちゃってオールシーズンタイヤとは全く違ううことだけは確かです。とはいえ、上陸したてなので実際の性能は未知数な部分もあり、雪上性能などはこれから確認して追加報告します。


気になる高速道路の冬用タイヤ規制ですが、現状ではまだグレーですが販売促進の為にも各署に申請をしているようです。因みにグッドイヤーのベクターフォーシーズンは申請をクリアしたようで公式サイトで確認できます。


私のお店でも取り扱いを始めましたが、まだまだ入荷がマチマチでサイズが揃わない状態なので、今のところネットでも購入が難しいサイズが多いようです。(2015年10月18日現在)

 

因みに生産国ですが、手元にあって確認できるものでは175/65R15、185/65R15、195/65R15はトルコ、215/65R16はルーマニアでした。

 

2016年1月24日追記

先日の雪は各地に混乱を招きましたが、それによりチントゥラートオールシーズンの感想がいくつか聞けましたのでご報告します。

 

感想を教えてくれた方々の車のスペックなど

ケース1
地域:東京都
車両:VOXY
感想:雪に慣れていないので多少ビビりながら速度を抑えて走行したが、雪上は問題なく走れた。大通りから裏道へ入ったところで少しテールが流れて滑った感じがあったものの、それ以上流れることはなく直ぐに立て直せた。信号での停止も安心感があり横のスタッドレスタイヤを装着していた車に遜色なく止まった。乾燥路での走行はちょっとうるさいと感じるがタイヤホイールを1セット保管しておくスペースもないので多少のことは我慢ですね。

 

ケース2
地域:神奈川
車両:プリウスα
感想:早朝に通勤なので多少凍結していて走行できるか心配だったが出社できた。車間距離は十分にとっていたので圧雪され凍結がひどかった信号でも問題なく停車できた。しかし、赤信号で停止したまではよかったが発進時かなり空転した感覚があった。長い上り坂では立ち往生している車を横目に見ながら悠遊登り切りましたが、途中で止まっていたらどうかなという心配は残った。

 

今回のご報告はこれだけ、またお客さんから話が聞けたり、自分で乗る機会を得られたら報告します。

 

タイヤサイズ

現在販売されているタイヤサイズはこちら

インチタイヤサイズ備考
17225/45R17 94V1
225/45R17 94V1,2
225/50R17 98V1
205/50R17 93V1
16215/55R16 97V1
215/55R16 97V1,2
205/55R16 91H
205/55R16 91V2
195/55R16 87V
185/55R16 83V
205/60R16 92V
215/65R16 98H
15185/55R15 82H
185/60R15 88H1
195/65R15 91H
185/65R15 88H
175/65R15 84H
備考1.エクストラロードタイヤです。
備考2.シールインサイドタイヤです。
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です