タイヤグレード表

Pocket

メーカー別タイヤグレード表

例えば、今履いているタイヤと同じくらいのグレードで他のメーカーのタイヤではどれなんだろう?というとき。同グレードのタイヤが分かれば選択の幅も広がります。

プレミアムグレード

ブリヂストンのレグノに代表される高い静粛性と乗り心地を備えた各メーカーのフラッグシップコンフォートタイヤ。国内の主なタイヤが低燃費などの経済的な機能に傾倒する中、一定の低燃費性はおさえながら、静粛性、乗り心地など車内の快適性も備えています。もちろん価格も高いですが余裕があれば一度履いてみることをお勧めします。タイヤを変えるだけで車のランクも一つ上になるかも知れません。
推奨車種:高級セダン、ステーションワゴン、ハイブリッドカー
保有性能:高い静粛性、上質な乗り心地、走行安定性、高速安定性、同乗者の快適性、低燃費性

ハイグレード

各メーカーとも高い機能性を持つタイヤがラインナップされていますが、メーカーによって、その方向性には特徴があります。ブリヂストンは低燃費性を有しながら、運転者および同乗者の「ラク性能」に重きを置いています。ヨコハマは低燃費性も有しながら最も事故の多い「濡れた路面でのブレーキ性能」に、ダンロップは「高い低燃費性」に加えて「耐摩耗性」を伸ばしています。トーヨーはこのクラスでは「小型中型輸入車にターゲット」を絞っています。
推奨車種:高級セダン、中型セダン、ステーションワゴン、ハイブリッドカー
保有性能:乗り心地、走行安定性、低燃費性

ミドルグレード

各メーカーとも基本的な安全性を備えながら、スタンダードに幾らか味付けをしています。ブリヂストンは同クラスでは最も高いウェットブレーキ性能を、ヨコハマは低燃費性とゴムのしなやかさの持続、ダンロップは低燃費性と耐摩耗性、トーヨーはより高い低燃費性を有しています。各社のタイヤ共通して、少し柔らかめのタイヤですから、重量級の車では、多少運転の安定性を欠きフラフラを抑えるためハンドルを強く握り疲れる印象を持たれるかもしれません。
推奨車種:小型中型セダン、コンパクトカー
保有性能:高い低燃費性

スタンダードグレード

最近の国内メーカーのタイヤは、「荷重を支える」「駆動力・制動力を路面に伝える」「路面からの衝撃を緩和する」「方向性を転換・維持する」というタイヤの4つの基本的な機能を満たしながら、低燃費性を有している。正直言ってこのクラスのタイヤでは大きな特徴はないが、メーカーの基本的な特徴は備えています。ブリヂストンはゴムの劣化が遅く、次いでヨコハマがゴムの劣化が遅く、ダンロップは劣化は早めだが摩耗には多少強い。トーヨーは劣化も早めで摩耗も並です。
推奨車種:コンパクトカー、軽自動車
保有性能:基本的な安全性、最低限の低燃費性

1.コンフォート~スタンダード

1-1.セダン、ステーションワゴン等向け

Attention: The internal data of table “ComparisonMakerSedanComfort” is corrupted!

1-2.軽コンパクト向け

Attention: The internal data of table “ComparisonMakerKCompactComfort” is corrupted!

1-3.ミニバン向け

Attention: The internal data of table “ComparisonMakerMinivanComfort” is corrupted!

1-4.ハイト系軽自動車向け

Attention: The internal data of table “ComparisonMakerHightKcarComfort” is corrupted!


広告


2.スポーツ

2-1.スポーツタイヤ

Attention: The internal data of table “ComparisonMakerSport” is corrupted!

3.SUV

3-1.SUV向け

Attention: The internal data of table “ComparisonMakerSuv” is corrupted!





Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

現役プロが教えるタイヤ選びや買い方総合サイト