ホーム

Pocket

タイヤ業界に身を置き10余年

現役でタイヤ販売に携わっているからこそ思うことがあります。


1.タイヤって高価ですし、適正価格も分かりにくいですよね。
2.見た目じゃ黒い塊で何が違うのか分かりにくいですよね。
3.どこで買うのが正解かすらわからないですよね。


車を支えているのはたった4本のタイヤです。しかも1本あたりの接地面積はハガキ1枚分ほどと言われています。たったハガキ4枚の面積で私達の命や安全を守ってくれているタイヤだから、間違いないものを選びたいところです。しかし、統一指標が少ないため性能の比較が難しく、高価なのに大抵は試乗も出来ず、おまけに一度買ったら数年使うことになるタイヤ。失敗したら数年、不安や不満が付きまとう気に入らないものと付き合うか、また何万円も払って買い直すしかありません。だからあなたがタイヤ選びに失敗しないようにお手伝いが出来ればと立ち上げたサイトです。


あなたにあったタイヤとその買い方、更にはお得に買う方法まで公開します。
高価な買い物だから安心して購入できるように優良ショップでの購入も可能です。


広告

今オススメのミニバン専用タイヤ3選

あなたにあったミニバン専用タイヤを簡単に選べます。ミニバンタイヤは沢山あれど大まかに分ければタイプは多くありません。その中で特にオススメな3つをセレクトしましたので、あなたの求めるタイヤをチョイスしてください。 ミニバン … 続きを読む 今オススメのミニバン専用タイヤ3選

今オススメの軽自動車タイヤ5選

以前は新車装着タイヤといえば、あまり性能の良いタイヤがついていなかったこともあり、今も安いタイヤがついているんだろうと思っている方が多くいます。しかし、近年の軽自動車は高い燃費性能を求められるだけでなく、小さなボディーの … 続きを読む 今オススメの軽自動車タイヤ5選

今オススメのエコカー向けタイヤ3×2

ハイブリッドカーに代表されるエコカーの特徴と言えば「燃費の良さ」と「走行音の静かさ」です。そこで、そのエコカーの性能を発揮させてくれる3つのタイプのオススメタイヤを2銘柄ずつご紹介します。 目次 1.たくさん走れる 2. … 続きを読む 今オススメのエコカー向けタイヤ3×2
Pocket

「ホーム」への86件のフィードバック

  1. 初めてコメントします。「統一指標が少ないため性能の比較が難しく、高価なのに大抵は試乗も出来ず、おまけに一度買ったら数年使うことになるタイヤ。」このコメントに全くの同感です。私は、便利な室内空間より重心の低い車が好きで、視界と足元さえしっかり確保出来れば、無駄なエンジン性能より勝ると考えています。楽しくサイトを見させて頂きます。

  2. いつも参考にしております。

    タイヤ性能の相対評価ゲージは全体的な評価か、カテゴリー別の評価かを知りたいです。
    例えばDZ102とLE MANS Vの相対評価ゲージは緑色の値で互いに重なっている項目がありますが、これは性能は変わらないと考えて良いのでしょうか。

  3.  いつも参考にしております。

     タイヤ性能の相対評価ゲージは全体的な評価か、カテゴリー別の評価かを知りたいです。
     例えばDZ102とLE MANS Ⅴの相対評価ゲージには、評価値が互いに対応している項目がありますが、これ は性能は同質であると考えて良いのでしょうか。

    1. まず相対評価ゲージですが「乗用車用サマータイヤ」など大まかなカテゴリーの中での相対評価とさせていただいています。一方で「サマータイヤやオールシーズンタイヤとスタッドレスタイヤ」など横の関係もある程度考えた上で表記しています。例えば、オールシーズンタイヤよりスタッドレスタイヤの方が雪上、氷上性能は高い評価をつけています。
      その上で「DZ102とLE MANS Ⅴの相対評価ゲージ…」の件ですが、評価ゲージが同じであればナビゲーターとしては近しい性能と考えて表記しています。10段階評価ですので全く差がないわけではありませんが近しいとお考え下さい。なお相対評価については新製品が増えたりするため年に数回全体を見渡して評価を見直しています。

  4. いつも参考にさせていただいています。
    グッドイヤーのEグリップエコを履いていますが、次回はLSエグゼかEグリップコンフォートをと考えていますが、いかがでしょうか?
    車は161カローラフィールダーです。

    1. 返信が遅くなり申し訳ありません

      藤本さんが何を求められているかによるのですが、ナビゲーターとしては161フィールダーは車格に対してタイヤが細いと考えています(標準的な175/65R15の場合)。
      そこでしっかりめのタイヤを履いてあげるのが良いと考えているのですが、藤本さんが挙げた2つのタイヤは共にしっかり感のあるタイヤでどちらもいい選択だとも考えます。
      最終的には藤本さんが何に重きを置くかになりますが2つのタイヤの特性の差を挙げておきます。
      ①LS EXE:低燃費タイヤでありながら運動性の高いタイヤで機敏さとハンドリングの良さが魅力です。一方で設計としてはやや古く最新のゴムに比べると柔軟性に乏しいです。
      ②E-GRIP コンフォート:しっかりとしたコシの強さを持っているので走行安定性は良いです。勿論乗り心地と静粛性はこちら上です。一方でクイックなハンドリングはありません。

      少しは参考になりましたでしょうか?

      1. 分かりやすく解説していただきありがとうございます。
        車的にもハードな走りをする車ではないので、E-GRIPコンフォートを選択しようと思います。

  5. ダンロップヴューロVE304においてラベリングの文章部分が、間違っていると思います。このサイトをいつも参考にさせていただいている手前、修正してください。

    1. いつも拝見しております。ありがとうございます。
      ダンロップのルマン5とヴューロVE304のドライ性能がメーカーHPとの
      整合性が取れていないと思うのですが如何でしょう?自分がヴューロVE304を購入したいと
      検討しているからかもしれませんが・・・(笑)

      1. 山崎さんいつも見ていただいているようでありがとうございます。
        1.相対評価をしている関係上、定期的な見直しを行っていますが完璧でないことも事実です。新製品も多数リリースされましたが現在非常に多忙なため3月中を目処に一度見直しを予定しています。
        2.ナビゲーターの評価であるのでメーカーの評価と整合性が取れていない点もありますが、評価の仕方も違いますからそれは良しとしています。ナビゲーターの評価では「ドライ」に運動性能を含めて評価していて、その運動性能の点でルマン5の方を若干高く評価しています。
        3.VE304は現在50プリウスに装着して評価していますが素晴らしいタイヤです。静かですし重量感からくるどっしりとした安定性があります。運動性能は高くありませんがその種のタイヤではないので問題にはならないでしょう。ナビゲーターも購入する価値のあるタイヤだと考えます。

      2. 私のメルアドが表記されちゃってます。削除願います。
                              

        1. 御対応ありがとうございました。ついでにこの上記のみっともない文章も消しちゃってください。
          このサイトの評価は私自身とても参考になりますし、実際評価が正しいと思います。
          今後も期待しております!

  6. いつも参考にさせていただいております。
    現在現行型スバルBS9アウトバックLimitedの純正Dueler H/P Sport 225/60/18を履いていますが、
    走行距離が少ないことと、年数も5年はいているのでひび割れが出てきて、
    溝はありますが高速走行が増えるなら交換推奨とされています。
    スバルディーラーからはアイサイトがある、後続のALENZA001でサイズがないため、
    同じDueler H/P Sportを勧められます。
    しかし、Dueler H/P Sportは値段が高いことがネックです。
    運転は普段は買い物で乗る程度ですが、
    長期連休に高速道路をドカンと乗るパターンです。
    結構速度も出します。
    確かに高速走行時のハンドリングは凄く良くて気に入っています。
    その性能はむしろ持て余すのではないかという性能ですが、
    タイヤ剛性が高いため、街乗りだと乗り心地は固く感じます。
    最近登場したDueler H/L 850も薦められますが、
    街乗りや燃費を重視するならといった限定的なことを言われます。
    タイヤ剛性もDueler H/P Sportよりも低いから高速で速度を出すなら…と言われます。
    しかも、Dueler H/P Sportとあまり値段的にも変わりません。
    スバルディーラーがブリジストン推奨なので他の選択肢を提示してくれません。
    何かアドバイスは頂けないでしょうか。
    長文、乱文失礼しました。

    1. いつも見ていただいているようでありがとうございます。
      返信が遅くなり申し訳ありません。

      1.ナビゲーターなりの結論を先に言います。
      たまちゃんさんには「ヨコハマ BluEarth XT AE61」がいいのではと考えます。

      2.まず大まかな理由を以下に記載します
      (1)ブリヂストンに比べて安い
      (2)H/P SPORTほどの剛性はないが、高速安定性や快適性が高い
      (3)ゴム劣化はゆっくり目

      3.もう少し詳しく説明します。
      勿論H/P SPORTは素晴らしいタイヤですが、設計が古くなっているのも事実です。また元々普通車用のスポーツタイヤのパターンをSUV用に転用した設計のため、ノイズや突き上げ感がは大きく快適性は高くありません。
      また、たまちゃんさんのおっしゃられるようにやはりややオーバースペック気味なところもありますよね。

      そこで運動性能は多少落としても高速走行での安定性能は落とすことないのが「AE61」です。速度を出している際の車線変更ではやや柔らかいと感じるかもしれませんが、直進安定性もよく排水性能も申し分ありません。瞬間的な縦入力はいなしてくれるのでその分突き上げ感は少なく快適性は増します。

      また、年間走行距離が少ないのもポイントでヨコハマの中上級グレードのコンパウンドは経年による性能低下がゆっくりなのでお勧めです。
      沢山走らないとのことなので予算を抑えたいのは頷けます。その中で「AE61」はよい選択してはないかなと考えますが如何でしょうか?

      1. Bluearth XT AE61は、決して柔らかいタイヤではありませんよー。
        運動性能を多少落としても。。? んー?疑問です。
        コンフォートタイヤではありません。運動性能は比較的高いです。
        Dueler H/L 850などのMSタイヤから履き替えると、ゴツゴツゴロゴロしていて驚きます。

  7. ご回答いただきありがとうございました。
    もう、ドンピシャリのご回答でした。
    H/P Sportの設計の古さも気になっていました。
    あとは走行距離の少なさからくる劣化は、
    YOKOHAMAがゆっくりで良いと言われていたので、
    確信が持てました。

    ご提案のありましたBlueEarth XTは最近出たタイヤで、
    同じ時期くらいに、
    GEOLANDAR CVやDUNLOPのVEURO VE304も出てきて、
    気になっていましたが、
    Blue EarthXTも含めてH/P Sportと方向性がどうなのか気になっていました。

    また、アウトバックはアメリカでは新型になっていて、
    タイヤサイズは変更がなかったですが、
    タイヤはYOKOHAMAのAVID GTになっていたので、
    より新型は走りに意識をしている風潮があったため、
    どういう方向性のタイヤが向くのかものすごく悩んでいました。

    上記タイヤの登場とタイヤナビゲーター様のご意見がなければ、
    快適性と劣化の穏やかさを取るならYOKOHAMAのBlueEarth RV-02、
    SUV向けタイヤとしてはTOYOのPROXES CF2 SUVかGRANDTREK PT3で、
    スポーツ性を取るならH/P Sportに近いLATITUDE Sport3やPilot Sport 4 SUVかな、
    でも、ミシュランタイヤなので劣化も心配して、
    結局どちらを取ろうかなと延々と悩むところでした。

    2020は良いタイヤが登場して助かります。
    ご意見を踏まえ、交換の準備を進めようと思います。

    改めてありがとうございました。
    またも長文、乱文になってしまい、
    失礼いたしました。

  8. いつも参考にさせていただいております。
    相対ゲージ評価欄にゴム寿命ゲージを追加を検討していただけないでしょうか。
    距離を乗らないユーザーにとってはかなり重要な情報になるかと思います。
    難しい事とは思いますが、是非お願い致します。
    勝手ながら失礼いたしました。

    1. いつもご覧頂いているようで、ありがとうございます。
      ナビゲーターとしても掲載したいと考えている指標で以前から検討していますところではあります。少し先になるかもしれませんが掲載の方向で検討いたします。
      貴重なご意見ありがとうございます。

      1. ゴムゲージ追加して頂きありがとうございます!
        難しいと思っていましたがほんの数か月で追加して頂けるとは思いませんでした。
        これでより一層タイヤ選びで悩むことが出来ます!

        1. 貧乏暇なしで本業が忙しく時間がかかってすみません
          SUVやスタッドレスにも今後追加していく予定です
          少しでも使いやすくなればと考えています
          今後もよろしくお願いします

  9. いつも参考にさせてもらってます。
    現在E52エルグランドに乗っておりますが
    そろそろスタッドレスから夏タイヤに付け替えようと思ってます。
    今保管してある夏タイヤの踏面(トレッド?)にパックリと割れがあると
    ディーラーに指摘されており交換のタイミンクで
    タイヤ交換を考えています。
    そこでこのサイトを参考に選び候補をヨコハマADVAN dBかMichelinのPrimacy4に絞りました。
    色々読んでいくとウエット性能と安定性はほぼ互角?で
    静粛性はヨコハマの方が上で雨の高速コーナーはMichelinに軍配が
    上がると読み取りました。
    そこで質問なんですがMichelinのゴム質経年劣化はヨコハマと比べて
    どんな感じなのかが気になりました。
    というのも私は月平均で1000キロ超えるか超えないか
    位しか走りませんので最低でも三年以上は同じタイヤを
    使用する形になります。
    よろしければアドバイス頂けないでしょうか?
    よろしくお願いします。

    1. コロ助さん、いつもご覧頂いているようで、ありがとうございます。
      まず先にご質問にお答えした上で懸念点と提案をさせていただきます。
      回答…経年劣化は明らかにADVAN dBの方がゆっくりです。

      さてではなぜ懸念点と提案をさせていただこうと考えたか説明していきます。
      前提条件としてE52は2tクラスの車でミニバンとしては低重心ですが、それでも重心の高い車です。
      ADVAN dB、Primacy4ともにミニバン対応とはされていますが、ショルダー部が強化されているミニバン専用タイヤと比べれば肩が弱いタイヤです。
      E52に装着して年間12,000km程走行とすると「ローテーションしながらで何とか3年持つかな?」といった懸念です。
      Primacy4は何とか持つように思いますがADVAN dBについてはショルダー摩耗が顕著に進むため走り方によっては3年持つか持たないかと考えられます。
      そこで安心して4年程使っていこうとすると別の選択肢も考慮されても良いかもしれません。

      これらを踏まえて3つ提案させていただきます。
      ①まず、色々と考慮されたコロ助さんのお考えをもとに3年以上使っていこうとすれば、耐摩耗性からPrimacy4が良いと考えます。
       静粛性能やゴム劣化はデシベルに劣りますがデシベルでは3年持たない可能性が高いと考えられるためです。
       そこでもう一つのチェックポイントですが今履かれているタイヤの肩の部分に偏摩耗の傾向が強く出ていないようならプライマシーは勿論、デシベルでも大丈夫です。

      ②静かで長く使えるタイヤとして「ブリヂストンREGNO GRVⅡ」を提案します。
       価格が高くなるので提案するのを迷いましたが通販でしたらそれほど価格差も大きくないため選択されるかは別として挙げさせていただきました。
       このタイヤであればコロ助さんの提案のタイヤと同等以上の静粛性能を備えつつ耐偏摩耗性能が高いのでE52であっても4年は使ってもらえると考えます。
       すると実は年換算での価格は変わらないか安くなる可能性もあります。

      ③比較的静かで買いやすい価格帯の「ヨコハマ ブルーアースRV02」を提案します。
       一般的な販売価格はより安く、静粛性能ではやや劣るもののミニバン専用タイヤならではの安定感と耐偏摩耗性能を持ちます。
       さらにコロ助さんが気にされているゴムの劣化はゆっくりであるので上手に使えば4年持つと考えられます。
       雨に強いのもうれしい性能です。このタイヤの性能が落ちるわけではないのすが、そろそろモデルチェンジが来ても良い時期なのは若干気にはなります。

      非常に長くなってしまいましたが以上がナビゲーターの考えです。
      コロ助さんのためにと熟考した結果、選択肢を増やして迷わせてしまい申し訳ありません。
      更にご質問があるようでしたらできる限りお答えしていきますのでよろしくお願いします。

  10. こんにちは、はじめまして。
    タイヤ探しをしてあちこちのレビューを見ておりましたが
    タイヤナビゲーターさんのWEBを発見し読ませていただきました。
    各タイヤの解説が具体的かつ分かりやすくタイヤレビューではNo.1だと思います。

    そこでもし宜しければ教えていたきたいのですが、BMW320dツーリング(F31)のRFTを
    ノーマルタイヤに換える場合のタイヤ選定です。
    2015年、5年落ち、2.4万km、1オーナーのディーラー下取り車を業者オークションで入手しましたが
    とてもきれいで状態が良いです。車検切れでしたが代行屋さんがそのまま何もいじらず落札した状態でユーザー車検へ持ち込んで1発OKでした。

    RFTは初めての経験ですが、高速ではダンピングが効いていて(かなり走行音はうるさいが)宜しいのですが郊外の一般道では路面の細かい凹凸をダイレクトに常に伝える感じでとても疲れます。
    これが2.4万km使用、5年経年のせいなのか?、もっと新しくてもそうなのか?、分かりません。
    しかし、このままでは乗るのはきついので乗り心地(路面の凹凸を丸めて伝えてくれる)とできれば静粛性を求めてノーマルタイヤに換えたいと思います。
    予算は1.0-1.5万なので、最初はTOYO Proxe CF2に目をつけたのですが貴サイトを読んで候補から外しました。そこで1.5万余で買えるprimacy 4を候補にしたのですが、RFT使用を前提に作られた320の脚に
    RFTに比べればサイドウォールが柔らかいPrimacy4を履かせたらどうなるのか?

    もしくは私の希望に合う他のタイヤがあれば教えていただきたいのです。

    クルマの使用目的は年に数回の長距離(数100km~2000Km)、高速で遠くまで行って
    その地方の一般道を走る、というものです。都内はほとんど走りません。
    山道で飛ばすのは好きなのですが、このタイヤ探しではスポーツ性は求めません。
    (長距離走行するので高速道での直進安定性が優れているのはありがたいですが)

    つい長くなりましてすみません、宜しければご教授をお願いいたします

    1. はじめまして、高評価をいただきありがとうございます。
      皆さんのお役に立てるように精進していきます。

      順を追ってご質問に答えていきます。
      ①RFTってこんなもの?古いから?
      ねこまめらさんが感じた通りノーマルタイヤに比べて突き上げ感が強く、振動も強くロードノイズも大きくなりがちです。
      F31でその価格帯だと225/50R17でしょうか?だとするならば18インチに比べればマシとは言えますが、BMWの硬い足回りと相まってツライと感じる方がある程度いらっしゃいます。
      (因みにコンチネンタルがついているようなら最も硬い部類です。)
      更にそこにゴム劣化が拍車をかけていることは確かですが、「新品のRFTに替えるだけで解決することはない」でしょう。最近ではRFTもかなりソフトになってきましたがそれでも乗り心地が良いとまでは言えません。

      ②BMWの足回りに合うのか?
      ねこまめらさんは車のことをよくわかってらっしゃる方のように感じます。確かに正直に言えばBMWが造ろうとしている車からは離れてしまうのは事実です。

      ③ではPrimacy4という選択はどうなのか?
      前項を踏まえたうえで、Primacy4への交換がネガティブに働くかといえばそうではないと考えます。ねこまめらさん同様の不満を持つBMW3のお客様にナビゲーターもよくPrimacy4はお勧めします。現時点で感じられている不満はほぼクリアになりますし、高速走行時の直進安定性も良いためその点もあっているでしょう。ワインディングでは左右への柔らかさを感じるでしょうし、ハンドリングはクイックではありませんがコントロールはしやすいので疲れも感じにくいと考えられます。
      というわけで、「Primacy4」は非常に良い選択だと考えられます。

       最後に付け加えておくと、ミシュランには「満足保証プログラム」があります。60日以内なら試してみて気に入らなければ不満点を踏まえて他のタイヤに替えることもできます。
      更にナビゲーターが対応した同様のケースのお客様は多数いらっしゃいますが、このようなケースで満足保証でタイヤを使われたのは「やっぱり硬いのが好みだった」というお客様おひとりです。
      パンク現場で一人で出来る修理キットもお勧めしておきます。

      1. ご丁寧なご説明ありがとうございます。
        パンク修理キットの紹介もありがたいです。

        タイヤを替えても、この状況下では遊びに行くこともできませんが、それでも気になります。
        サイズは225/50R17のポテンザが付いております。
        私は豊1、伊1、仏6台を乘ってきて独車を所有するのが初めてなのとRFTも初めてなのです。

        お薦めの通り、Primacy 4に絞ってみます。
        Primacy4とF31の相性をお訊ねした理由の一つが、前車のプジョー407SW(4気筒)のタイヤを
        新車装着のP7からPrimacy LCに換えたところ1万km経過で、無雪期の雪国の荒れた舗装路面の凹凸を
        ガッツンガッツンとすごいショックで拾うようになったのです。東京近郊の道路でもそうでした。
        クルマはまだ5万kmなのでショックを外してチェックしてもらったら、まったくヘタっておらずでした。
        タイヤを替えようということでダンロップのルマン4に換えたら、「脚」が動くようになりました。
        みんからで別の方も同様の体験をしていました。
        素人の私の考えでは、Primacy LCは柔らかいサイドウォールで「自分だけで」路面の凹凸を処理しようとしてしまい、407の後ろの斜めに設置されたショックが「動いていなかった」のでは?でした。
        プレミアムコンフォートの代表みたいに言われたタイヤでもそういうことがあるんだなと、
        それがプジョーよりは硬い脚の320に履かせると同じ事が起きるかな?と心配したのですが
        ご説明ではそういうことはないようなので安心です。

        もうひとつお訊きしたいのですが、Primacy 4で少々安いもの、15000円前後で
        ネット販売されているものは並行輸入と書いてあります。
        並行モノは正規モノとは生産国が違うとか作りが違うとか差異はあるのでしょうか?

        1. 返信遅くなり申し訳ありません。
          興味深い考察をありがとうございます。ミシュランのタイヤはサイドが動くように設計されているので、タイヤが動いて脚が動いていなかったとするならば辻褄はあうように思います。

          ・並行品と正規品の差
          正規輸入品でも並行品でも基本的に生産国に差はありません。生産時期によって生産国が違う場合がありますが正規と並行の差ではないという認識です。
          ナビゲーターは普段あまり並行品を扱わないため断定的なことは言えませんが、並行品はコンテナにグチャッと詰め込まれてくる来るケースがあるというのは業界ではよく聞く話です。
          変形するほどひどい扱いを受けていることはまずないとは考えますが気になるようなら避けた方が良いと考えます。

  11. ご回答ありがとうございます。
    適切なアドバイスありがとうございます!
    やはり経年劣化はヨコハマの方が緩やかなんですね。
    磨耗についてですが毎年12月~4月迄はスタッドレスに
    ホイルごと履き替えている事もあり淡い期待込みで持つかなぁと考えた次第でした。
    実はミニバン専用タイヤも考えてレグノとブルーアースを
    考えたのですがレグノは雨に弱いとよく聞く事、
    ブルーアースは静粛性で先の二種類より劣るのかなぁと思う事
    またご指摘の様にそろそろモデルチェンジかなと思い外した次第でした。
    せっかくアドバイス頂いたのにすいません。
    今現在は純正のデシベルでハンドルをこじる運転を
    しない様に前輪荷重を心がけているせいか変磨耗はしていませんので
    今回はMichelinにかけてみようかなと思います。
    でも、ブルーアースやっぱり良いんですかねぇ。
    もう少し悩んでみます。

    1. いえいえ、気にされないでください
      実は「コロ助さんのタイヤは偏摩耗してないのではないか?」という可能性は頭の中にあったのです。それとスタッドレス履いているかも?という可能性も。
      思った通りの丁寧な運転をされていてスタッドレスを履いている期間もあるとなればデシベルも良いと思います。実際のタイヤを見ず掛け合いのない中でのアドバイスになるので、全てをフォローしきれず無駄に迷わせてしまって申し訳ありません。気になったところを幾つか質問させてもらってから回答する方が良かったですね。また参考にしてください。

  12. ご説明ありがとうございます。
    輸送方法の違いまでは確認できませんね。
    そのショップさんの評価を見て決めるしかないと思います。
    並行モノを売っているヤフーショッピングのある販売店さんに訊ねたところ、
    品質の差はないそうです。生産国はタイということでした。
    話がズレますが、ある記事で見たのですがゴムの生産国にあるタイヤメーカーの工場の
    製品は質が良いということですが、タイは天然ゴムの生産量がトップで2位がインドネシア。
    ミシュランもタイに工場を持っているのはそういう意味なんでしょうね。
    いろいろありがとうございました。
    ウィルス感染克服に目途が立たないとタイヤを替えるのも気が乗らないですね。

  13. はじめまして。タイヤの大変参考になる情報発信頂きありがとう御座います。現在メルセデス・ベンツBクラスの2018年式モデルに乗っております。タイヤは純正でBSのTURANZA
    T001の225/45R17のメルセデス承認のMOです。(ランフラットタイヤではありません。)最近タイヤの劣化(微細なヒビ)が発生しはじめて、段差を超えるときの振動やロードノイズがかなり大きくなってきております。いわゆるしなやかさがなくなりつつある感じです。
    年末位にはタイヤの銘柄を替えようと思うのですが、あまり高価でなく(1.5万円/本以下)静粛性と乗り心地が比較的良い銘柄はどれを選択すれば良いでしょうか?年間5000〜7000キロ位走ると思います。国産、外国製など銘柄に拘りはありません。
    毎日通勤で往復30キロと時々100〜200キロを高速道路を使ったレジャーで使用する感じです。雨天の性能も重視する傾向もありますが、先ずは静かさと乗り心地の良さを優先したいと思っております。この車は元々足まわりが硬い目なので選択が難しく思っておりアドバイス頂けると幸いです。
    よろしくお願い致します。

    1. すみません
      SSL化で少々ミスを致しまして、一部データベースが壊れまして・・・
      修復を急いでいますのでたてこんでいます
      2,3日中にはお答えできるかと思います
      少々お待ちいただけますでしょうか?

      1. タイヤナビゲーター様
        ご連絡の件承知致しました。急ぎではないので、全然問題ございません。
        お時間に余裕が出てからアドバイスを頂けますと幸いです。
        よろしくお願い致します。

        1. お待たせしました時間をとれたので考えてみました
          1.まずベジさんのご希望を整理します
          〇サイズは225/45R17
          〇年間走行は5,000~7,000kmと少なめ
          〇静粛性能と乗り心地を重視、ウェットも気になる
          〇予算は15,000円/本
          〇車の足回りの硬さも懸念している
          2.これらを踏まえて
          全てを満たすのは少々難しいのかなと考えます
          というのは快適性能はタイヤの性能としては「贅沢性能」で安全性能を担保した上に乗ってくる性能なので中級以上のタイヤでないとあまり期待ができません
          その上で225/45R17を4本そろえるとほとんどのメーカーで中級クラスは1.5万円を超えてしまいます
          3.それをして出来るだけご希望に沿える商品を提案していきます
          難しいとは言いましたが、それを何とかするのがナビゲーターですから頑張ります
          トーヨー PROXES C1S
          まず予算内で収まるはず。快適性能は及第点、比較的しっかりした走行性能も持っているので足回りとの相性も悪くない。ただし、ウェットはやや弱く性能低下も早めだが3年程度の使用であれば問題ない。

          ダンロップ LE MANS V
          快適性能、ウェットも良く、比較的しっかりした走行性能も持っているので足回りとの相性も悪くない。ただし、一般的な販売価格では15,000円を若干超えるかもしれない。

          ミシュラン Primacy4
          通販などではかなり安い。快適性能はまずまずだが、ウェットも良く、走行安定性能も良い。ただしベジさんは走行距離が少ないため表面にできた硬化したゴムの層を減らしていくことが出来ず性能低下を早めに感じるかもしれない。

          ヨコハマ BluEarth-GT AE51
          快適性能、ウェット、ゴム劣化の速度もゆっくりなため、ベジさんの求める性能面では申し分ない。ただし、一般的な販売価格は20,000円前後。安く手に入るなら非常におすすめ。

          実は他にもあれもこれもと思うものがあるのですが出来るだけ条件に合うものをに絞ってみました。中々の難題でしたが少しはお役に立てましたでしょうか。

  14. タイヤナビゲーター様
    非常に丁寧なご返答を頂きありがとうございました。大いに参考にさせて頂きます。タイヤの性能の中で快適性能は贅沢な部分と言う点よくわかります。いくら快適でも走る、曲がる、停まるの基本性能がダメならば意味がないてすよね。おすすめの銘柄につきましては、大方気になっていた製品です。一度買うとそう簡単には変えれないし、ある意味後悔したくないので予算を2万円/本程度まで上げて検討したく思います。実は私もブルーアースの最新モデルは気になっておりました。PIRELLIやグッドイヤーで10年前のモデルが今も安定して販売されていますが、10年の技術の進歩は大変大きいと思いますので、出来れば新しいモデルから検討してみます。(10年間多くの最新モデルが出てくる中て販売を継続できる事も初期設計が良いのかもしれませんが。)ブルーアースかルマンⅤのどちらかで決定したいと思います。
    本当にご丁寧にアドバイス頂きありがとうございました。

    1. タイヤナビゲーター様
      いつもお世話になっております。
      先日は御回答頂きありがとうございました。頂いたコメントの最後の部分の「実は他にもあれこれ思う物がある」と言う部分が気になっております。
      コストは重要なファクターですが、タイヤは命を預ける部分でもありますのでコストはある程度かけても良いと思っております。もし他の銘柄などでこれは良いと言う物があれば教えて頂けますと幸いです。継続大変お手数をおかけしますがよろしくお願い致します。

      1. 実はコスト面を一切無視すれば、ベジさんに最も向いているのではなかろうかと考えるタイヤの一つはブリヂストン Playz PX2です。
        乗り心地も良く、ゴム劣化もゆっくりで経年での性能低下が抑えられます。ウェットも強く摩耗してもその性能が持続するよう工夫されています。高速安定性が良く長距離ドライブでも疲れにくい設計がなされています。静粛性も十分と言える性能を持っています。またコンフォートながらしっかりとした剛性を持っているので足回りとの相性も悪くないでしょう。ただし、「高価」なんです。タイヤは何年も付く会うものですから良いものをつけたいところですが贅沢言えばキリがないというのもありますからね。
        で、ナビゲーターがお勧めするのは実はヨコハマ BluEarth-GT AE51です。
        Playzに近い性能を持ちながら価格はかなり抑えられます。いずれにしても高いタイヤのお勧めになってしまうので、ちょっと気が引けていたんですよね。

  15. タイヤナビゲーター様
    ご返信ありがとうございました。
    一度目のご返信を頂いてからもう一度メジャーブランドの品目を片っ端から調べたり、挙句の果てにはアジアンタイヤのサイトを見たりと、ますます深みにはまりもう一度ご相談した次第です。自動ブレーキやVDCなどのどんな高性能なデバイスが車に装備されていても、タイヤがプアな時点で意味がないと言う原点に立ち返り、お薦め頂いたルマンⅤかブルーアースかプレイズで決めます。車を買う際にあれこれ悩んでいる時が楽しい様に、たくさんの種類があるタイヤ選びも案外嫌いでないんですよね。コスパが良くて自車にマッチした製品を選べた時は嬉しいものですから。
    再度のアドバイス本当に色々ありがとうございました。
    後は3種で悩みます!笑

  16. いつも参考にしています。ありがとうございます!
    さてセカンドカーのekクロスのターボ用にタイヤを物色しております。
    通勤に使うので静粛性は譲れないですが、ある程度キビキビ感のあるタイヤにしたいと思っています。性格的にはルマンVかブルーアースGTかなと思いますが、どちらがおススメでしょうか?
    通勤は片道20キロ弱で3シーズンもてば十分です。アドバイス宜しくお願いします。

    1. 山崎さんこんにちは、いつも見ていただいているようでありがとうございます
      早速ですがご質問にお答えしていきます
      もちろん「ルマンV」も良いタイヤですが、ナビゲーターとしては「ブルーアースGT」をお勧めします。
      理由
      ・ルマンは継ぎ目を乗り越す音はよく消してくれますが、全体的な静粛性能がより高いのはブルーアースGT
      ・ブルーアースGTの方が雨の日のブレーキ性能が高いし性能の低下もゆっくり
      ・若干減りが早いものの山崎さんの使用であれば問題にならない
      ・キビキビ感という意味では共に若干柔らかいかなと思いますが普通の運転をしている限りストレスはないでしょう
      ・おそらくスペアタイヤは標準装備されていないため液状のパンク修理剤に対応していなルマンVは少々心配もある
      どうしても前輪の外肩が減りやすいので年に1回程度で良いのでローテーションはしてあげるとキレイに使いきれます

  17. いつも的確なアドバイスありがとうございます!ブルーアースGTにします!
    理論的にご説明いただけるので迷いなく決められて助かります。
    今後もタイヤナビゲーターに期待しております!

  18. タイヤナビゲーター様
    初めまして。素晴らしいHP、とても参考になっており感謝します。
    ひとつアドバイスいただけるとありがたいです。
    現在V36スカイラインの370GT Type-sに乗っています。タイヤはADVANのv103を履いていますが、減って来たので更新を検討しています。
    新車の時はポテンザが付いてきましたが、ノイズ等が強めで気にしていたところ、ADVANv103を勧められ交換し、グリップも良くてノイズも少なく、とても気に入っておりました。
    しかしだんだん摩耗してきたらノイズがひどくなり、後継v105への交換を検討していました。
    そんなおり、妻の車のタイヤをルマンからヴューロに交換したところ、とても静かで乗り心地も良く感心しました。その旨タイヤショップに話したところ、パイロットスポーツ4を勧められました。
    その後こちらのHPを拝見したところ、パイロットスポーツ4sとプライマシー4も気になってきました。冬期はスタットレスなので、夏タイヤは年間5千キロぐらいしか走らないので、v103でも4年間は余裕で持ちましたが、5年目で硬化が進んできました。
    希望としては、燃費は気にしませんが、ドライとウェットのグリップが良くて、静かでレグノより安いタイヤを探しています。
    タイヤナビゲーター様のおすすめ等ありましたら、教えていただけるとありがたいです。
    それではよろしくお願いします。

    1. ひでまる様こんにちは
      ありがとうございます。そういって頂けると励みになります。
      さて本題ですが370GTのType-Sということはフロント225/50R18、リア245/45R18のPOTENZA RE050Aが純正装着でしたよね。

      お勧めされたパイロットスポーツ4も良いですね。新車時のポテンザに特徴が似ているのでお勧めされるのは妥当ですね。
      もちろんパイロットスポーツ4の方が発売がだいぶん後発な分、概ね全体的に性能は高くなります。
      RE050Aよりは乗り心地はソフトでゴロゴロ感は少なく音も気になりにくいと思います。一方ドライ性能や剛性はやや劣るといった感じなので「あり」な選択肢ではあります。
      普通なら十分ありなんですが、ひでまる様がグリップを最優先事項に挙げておりV103のグリップ性能を知っていることを踏まえると十分ではないのかなと思うわけです。
      またPrimacy4についてはしっかりコンフォートなのでワインディングなどをゆったり走るには良いですが、ハイスピードでのコーナリング時などではマシンにパワー負けしてしまいます。
      では、ここからがナビゲーターの提案です。
      グリップが最優先で静かさが欲しく年間走行距離は短いとのことでしたので2つ提案します。
      1.POTENZA 007A
      純正ポテンザでポテンザは印象が悪かったようなので提案に迷いましたが、007Aは最適解の1つだと考えます。
      ドライもウェットも申し分なしでマシンパワーに負けません。乗り心地はV103よりソフトで音についてもロードノイズは多少ありますが比較的静かでゴロゴロ感も少なめです。
      尚且つゴム劣化がゆっくりなため経年によるグリップの低下やゴム硬化による音の増大が少なくて済みます。
      減りは早いですが問題なさそうですね。ただ値段は高いのでご予算に合わせてください。

      2.Pilot Sport4S
      これも素晴らしい選択肢です。グリップは申し分なく特に高速域でのウェットはS007A以上です。軽量で剛性が高いため存分に走りを楽しめると思います。
      18インチなので問題はないかと思いますが、案外硬いのでゴツゴツすると感じられるかもしれないのとゴム劣化は若干早めです。やはり減りは早いです。

      その他
      上記の2つは似た選択肢ですが、十分マシンパワーを発揮するならV105を含むウルトラハイパフォーマンスタイヤが良いかなと考えます。
      もし、今よりグリップを落としても静粛性を求められるならVE304やPrimacy4も選択肢に入ってきます。
      特性が似た中で少しマイルドな方が良いとなればPilot Sport4はやはり良いですね。
      何か気になることがありましたら、またお気軽にコメントを頂けたらと思います。

      1. タイヤナビゲーター様
        早速のご助言ありがとうございます。
        なるほど、S007Aという選択肢がありましたか。ポテンザはうるさいという思い込みから、全く考えていませんでした。
        静粛性と経年性能に優れるS007A、ウェット性能に優れこれまでと違和感の少なそうなv105、ウェット性能に優れ軽量なPilotSport4S、どれも甲乙つけ難いですね。
        難しい三択になりましたが、静粛性を取るかウェット性能を取るか、そして価格差がいくらになるかで判断しようと思います。
        アドバイス本当にありがとうございました!

  19. タイヤナビゲーター様

    いつも大変興味深く拝読させて頂いております。他の評価サイトと異なり、カタログ説明のサマリーではなく、ご自身のご経験からの考察とレビューが非常に参考になります。

    そこでご相談がございます。現在現行のBMW5シリーズツーリング530iを保有しております。装着タイヤは新車じからの純正装着のグッドイヤー EAGLE F1 ASYMMETRIC 3(ランフラット)です。サイズは前245/40/19、後275/35/19です。今般、BMW純正の20インチホイール(リム幅は変わらず)へのインチアップを検討しております。その装着タイヤは前245/35/20、後275/30/20で考えております。(BMW推奨サイズ)

    現在のグッドいやについては、やはりランフラットならではの固さ、高速道路の目地段差を乗り越えた時のガツンとして衝撃などがどうしても気になっており、ある程度の剛性感やグリップ力など、走る楽しみを担保したいものの、やはり乗り心地や静粛性を優先重視したタイヤを今回考えております。

    相談は以下2点になります。(今回はランフラットタイヤは対象外です)

    ①上記サイズでプレミアムコンフォートタイヤとなるとブリヂストンREGNO GR-X2かダンロップ Veuro VE304に限られます。個人的な憶測では、このレベルのタイヤであれば、乗り心地や静粛性は十分かと考えております。やはり急カーブや高速走行時の急な挙動でも、ヨロヨロすることの少ないタイヤを選びたく考えているのですが、この2つのタイヤであればどちらがよりイメージに近いのでしょうか?(プレミアムコンフォートタイヤを装着したことがなく、蓋を開けてみるとボヨンボヨンの乗り味になるのでは、、と危惧もしております。

    ②もしくは、BMWという車両の性質上、グリップ重視のスポーツ系のタイヤを軸に、一番乗り心地や静粛性に優れていそうなタイヤ(例えばブリヂストンPOTENZA S007等)の方がトータルバランス的にはいいのでしょうか?

    因みに基本は街乗りですが、そう今日距離の大半は高速道路を利用しての遠出(300キロ~800キロ程度@1か月)になります。

    纏まりのない相談で恐縮ですが、上記2点について可能な範囲でアドバイスを頂けると助かります。どうぞ宜しくお願いいたします。

    1. YKMM様こんにちは
      最近忙しいばかりで中々大きな更新が出来ずにいますが頑張っていきます

      1.前提
      ①インチアップは突き上げ感は酷くなる方向での変更ですが、19から20への変更ですからそれほど大きな変化ではないと考えます。
      ②BMWはランフラットを前提とし時速200㎞での走行も想定して硬い足回りになっていますのであまりに柔らかいタイヤにすると車が変わってしまいます。
      ③ご希望としては快適性能を向上させたいけれど走行性能を失いたくない。

      2.結論からいきます
      ブリヂストン REGNO GR-XIIでもダンロップ VEURO VE304でも大丈夫だと考えます。
      その上でどちからを選ぶならレグノです。ご予算が許すならこの手の性能はレグノの独り勝ちです。ビューロも十分な快適性能を持っていますがそれでもレグノの滑らかな乗り心地と使い終わりまでの静かさにはかないません。
      2-1)懸念事項へのご回答
      ボヨンボヨンになるのではという懸念ですが攻めた走りをされるのでなければそれほど気にならないのではないかと考えます。
      ①20インチと大口径のロープロタイヤであることでタイヤの「バネは短い」と言えます。ボヨンボヨンになるほどの余裕が多くないわけです。
      ②これらのプレミアムコンフォートタイヤは振動を車体に伝えないためサイドが厚く作られており、この扁平ではサイドはかなりしっかりしています。
      2-2)S007Aは何との差は?
      ウルトラハイパフォーマンスタイヤは運動性能も考慮され、サイドも薄く素材もハイテク繊維を使い軽量に高剛性に作られています。故に今のタイヤよりは機敏ではなくなりますが5シリーズで車体が跳ねるほどの運転をされるわけではないでしょうから問題にはならないでしょう。但し、言われるような急な挙動ではS007Aなどに優があるのは言うまでもありません。

      3.ここまで書いておいてですが…
      昔より大分よくなったんですがそれでも19インチランフラットは鉄を履いているようですよね。今があまりにゴツゴツするので快適にするにはとプレミアムコンフォートタイヤに目が向いていることと思います。
      前述したとおりナビゲーターとしてはYKMM様がまずGR-X2やVE304で満足されると考えていますが、現状のタイヤから性能を大きく振ることには違いありません。
      ですので一応こういった場合一般的にはウルトラハイパフォーマンスタイヤを選択されるのが順当でありYKMM様のおっしゃるようにトータルバランスが良いことはつけ加えておきます。
      ただランフラットに比べれば快適にはなりますがブリヂストン POTENZA S007Aもそれなりに硬いです。
      そしてS007Aを選択肢に入れられるならばミシュラン Pilot Sport4sも素晴らしいタイヤですよ。やっぱりそれなりに硬いので実現される「快適に」は限定的でしょう。

      4.まとめ
      突き上げ感を緩和するのが優先で、ワインディングを車で風を切りながら走る(馬で駆けるような)イメージで気持ちよく走りたいならGR-X2、VE304
      硬さはある程度残っても右に左に激しいサイドステップしても路面にピタッと食いついて離さないような躍動感のある走りまで求めるならS007AやPS4S

      長くなって申し訳ありません。まとまっているか心配です。ここでお話を頂ける方は皆さん直接会ってお話をしたくなる方ばかりです。何とか満足される選択をと思うとどうしても長くなってしまいます。
      他にも疑問がありましたらまたご質問ください。

      1. タイヤナビゲーター様

        お忙しい中、ご回答有難うございました。ポイント良く、当方がお伺いした点をクリアに説明頂き、誠に有難うございます!目から鱗のアドバイスです!

        プレミアムコンフォート系に対する不安についても、今回はかなりの低扁平タイヤになるので、確かにご説明の通り、45とか50のタイヤに比べるとその点は不安がなさそうですね。スッと腹落ちしました。ウルトラハイパフォーマンスタイヤについても触手が動くところなのですが、何しろ硬さ、突き上げ感が苦手なので、フワフワ、ヨロヨロがないのであれば、プレミアムコンフォート系のタイヤで検討を進めたいと考えております。

        追加の質問になりますが、REGNOがベスト!ということですが、値段差がかなりあるので悩んでおります。。高速での利用が多いのですが、直進安定性というポイントから見た時でも、REGNOとVeuroでは随分と差があるのでしょうか?

        お忙しい中、五月雨式に申し訳ありませんが、追加でアドバイスを頂けると助かります。どうぞ宜しくお願いいたします。

        1. レグノは高いですよね。直進安定性、高速安定性に大きな差はありませんし、ビューロの方が若干硬めでしっかりしていると感じられるかもしれません。差が大きいのは快適性の部分で、その点はレグノが優秀で最も気にされていた突き上げ感の緩和はこちらが上でしょう。
          誤解のないように再度申し上げますが現状のイーグルよりはフワフワしますので「フワフワしない」とは言いません(多分ほとんどの方は感じないレベルですが)。快適性を上げるということはバネを柔らかくするということですからね。ただ単に柔らかいグズグズのタイヤではなく、柔らかくもしなやかで腰のあるタイヤなので不安感はほとんどないと思います。

          1. タイヤナビゲーター様

            返信ありがとうございます。承知しました。少々気にし過ぎておりましたが、判断の整理も尽きました。懇切丁寧にアドバイス頂き、本当に有難うございました!サイト内のタイヤレビューもこれからも楽しみにしております。

  20. とても参考にしております。
    ピレリのチンチュラートP7 が10年ぶりにモデルチェンジしましたが、いかがでしょうか?

    1. よくご存じですね
      今のところ公式ページに掲載されていないので当サイトでもまだ掲載していないのですが
      ナビゲーターのお店でもCintuRatoP7-2(チントゥラートP7 ツー)の名前で既に発注はできる状況です
      しかしながら、ナビゲーターもまだ乗れていないので性能については今後ご報告します
      今月中には試乗できる機会がありそうなのでもうしばらくお待ちください

      1. 新P7 もコンフォート系だと思われますが、攻めも得意な性格だと嬉しいです。どの程度攻められるのか、試乗レポート楽しみにしております。

  21. メーカーに偏りなく公平に
    特に外国製タイヤを含めた相談できる相手がなく
    タイヤの比較でこのサイトを非常に重宝しております。
    自分、シビックタイプR FK8タイヤは245/30 20インチで乗っております。
    1年に2〜4回1時間ぐらい鈴鹿サーキットを走行会で走行したり
    旅行やドライブで長距離を走っていたりで
    1日で5〜800キロ走行したりする事もあり
    年間走行距離は2〜3万キロといった所で、冬は冬タイヤ履いています。
    夏タイヤを寿命で1年に2本づつ交換している感じです。
    現在コンチスポーツコンタクト6を履いていますが
    こちらのサイトの比較を見ていて
    今度はミシュランパイロットスポーツ4sを履こうかと考えてみたりしておりました。
    自分の選択が合っているのだろうか悩んだりしております。
    他におすすめがあるのであれば教えていただきたいです。

    1. こんばんは、山道の酷道を走る事もありますよさん
      いつもご覧いただきありがとうございます
      楽しいお車に乗ってらっしゃいますね、羨ましい
      あまり公表されていないようですがタイプRに純正装着されているスポーツコンタクト6(SC6)はスペシャル仕様でグリップや剛性が強化されたタイプR専用設計と聞いています
      そのため摩耗はかなり早いし硬いですが素晴らしい食いつきと運動性を備えたタイヤで、当然ですがタイプRと相性抜群です
      それを踏まえて別のタイヤにするとするならば、やはりお考えの通りミシュランパイロットスポーツ4s(以下PS4S)でしょう
      このタイヤも同質のタイヤではありますが、横剛性に若干の遊びがあります
      今の金属的な硬質さからすると多少なりとソフトになる反面、極限的な運転では僅かな遅れを感じる可能性があります
      普通のSC6と比較すればドライも遜色ありませんが、おそらくスペシャルSC6には負けるでしょう
      耐摩耗性はやや改善するのではないかと考えられます

      ナビゲーターもやはり山道の酷道を走る事もありますよさん同様SC6かPS4Sを選ぶと思います
      最後に
      ・スペシャルSC6の方がサーキットでタイム出せるかもしれません
      ・PS4Sの方が普段走りは快適かもしれません
      蛇足ですが欧州タイヤはコロナの影響で欧州工場が上手く稼働できていないため店頭で買うのにはやや苦労する可能性があります
      交換は余裕をもって早めにオーダーする方がベターと思います

      1. タイヤナビゲーターさん
        御返信ありがとうございました。
        たしかにもとのタイヤはスペシャル仕様でしたが
        流石に毎度履こうとすると
        懐が壊れそうになるのでノーマルSC6に変えました。
        タイヤの形状もスペシャルはホイールからかなり外に出っ張ってましたがノーマルはホイールからほとんど出っ張ら無いのでグリップ・剛性が見た目からも違いがすぐわかりました。

        おすすめされたとおり
        PS4Sを試してみたいと思います。

        ありがとうございました。

  22.  はじめまして。いつもタイヤ選びの参考にさせていただいております。
     現在、ファミリーカーとして使用しているE12ノートのタイヤ(4年目のルマンⅤ185/65R15)の経年劣化のひび割れが見られるようになり、スタッドレスからノーマルに戻す来春頃にタイヤ交換を予定しています。
     子供の乗せての利用が主となるため、乗り心地のよいタイヤを考えており、年間走行距離は1万キロ未満となるため、摩耗性が早くても経年劣化がゆっくりとされているブリジスストンかヨコハマ、GR-XⅡかV552のどちらかにしようと考えていたのですが、V552のゴム劣化の評価が思ったより悪く、ビューロVE304以下ルマン5同等となっていたため、V552のゴム劣化の評価について確認したくコメントをさせていただきました。
     また、乗り心地がよく、疲れにくいタイヤでおすすめがあれば教えていただければ幸いです。
     長文となってしましましたが、よろしくお願いいたします。

    1. ちのさん、はじめましてこんばんは
      まずゴム劣化については特に難しく、最近導入した特に評価を修正する場合の多い項目ですので今後修正される可能性があることをご了承ください
      それを踏まえて、基本的に昨今のヨコハマのタイヤのゴムは比較的劣化がゆっくりでナビゲーターも高評価をしています
      しかしながら、日々タイヤに触れていてV552については、使用期間の割には早めに縦溝内に縦クラックが入ったり表面が荒れたりといったタイヤを散見します
      使用環境によるバラツキが出るため一概には言えませんが、現在のナビゲーターの評価では「まずまず」といったところで、劣化でいえばブルーアースGTの方がゆっくり進むと評価しています

      ご予算が許せばGR-XⅡは素晴らしいタイヤでコンフォートでは正しく最上級です
      少し抑えたいようでしたらブリヂストンPlayzが直進安定性、走行安定性に優れており疲れにくくドライバーにやさしいタイヤです
      ヨコハマのブルーアースGTも非常にバランスが良く雨にも強い素晴らしいタイヤです
      共に静粛性や振動の緩和についてはレグノやデシベルには負けますのでお好みで選択してください

      1. スタッドレス需要でお忙しい中、鬼が笑うような質問にも丁寧に答えてくださりありがとうございます。
        V552はアドバンブランドということもあり特性がブルーアースとは違うのかもしれませんね。
        家族を乗せるうえで、安定性や雨に強いことも重要ですので、お薦めいただいたPlayz、ブールーアースGTも候補に加え、検討していきたいと思います。
        このたびはありがとうございました。

  23. いつも興味深くこのサイトを見させていただいております。
    ミライース LA300Sのタイヤ(155/65R14)の交換についてここ数か月考えているのですが、いろいろと目移りしてなかなか踏ん切りがつかず、相談させていただければと思い書き込ませていただきます。
    たまに高速は走りますが、主に一般道を買い物で使う用途で、価格の制約の中、下記4つに絞っていますが、この中でおすすめを選んでいただけたらと思います。
    ちなみに価格は上から安い順です。
    ・トーヨー SD-k7
    ・イエローハット Mobisys500e(トーヨー Eco WalkerのOEM)
    ・ファルケン シンセラSN832i
    ・トーヨー Nanoenergy3
    スタンダードクラスなので贅沢は言いませんが、できれば乗り心地が良好で、(高速含め普通に運転する限りは)不安にならない程度の操縦安定性があればと思っています。
    燃費重視のためかミライースは車高が低い割には意外とサスが固く、ちょっとだけですが乗り心地には留意したく思っています。
    なお、年間5000km程度走行ですので、さほど耐摩耗性と燃費は重視しません。

    それでは、ご教授のほど、よろしくお願いいたします。

    1. ひとまろさん、はじめましてこんばんは
      さて結論から申し上げますと、この中でのナビゲーターのお勧めはシンセラです。
      まず国内ではブランド力の低いファルケンですが住友ゴム工業の製品で欧州など海外では高評価のタイヤも数多くあり、SN832iも安い割には出来の良いタイヤです。
      この中で唯一の非対称パターンであり、コーナーでの踏ん張りもききますし、小回りがきくミライースですと少なからず起こるショルダー摩耗も抑えてくれます。
      そして、この価格帯のタイヤの中では最も走行安定性の良いタイヤの一つと言っても良いかもしれません。
      一方でネガティブな話が2つあります。
      1.タイヤにとって乗り心地が良いというのは安全性能を全て満たした上で付加的に乗っける贅沢な性能です。つまりリーズナブルなタイヤではあまり望むべくもないというのが正直なところです
      2.ゴムの劣化は決してゆっくりな方ではないため、ひとまろさんの走行距離からするとヒビが気になるかもしれません。
      最後に付け加えると、硬めの脚だと感じてらっしゃるので比較的しっかり目のシンセラを選択したというのもあります。
      脚が硬いからタイヤを柔らかくして乗り心地をソフトにと考えると相性が悪いケースが多いためで、硬い脚なら例え柔らかくても腰のあるタイヤでないと馴染まないことが多いように感じています。
      そしてそういったタイヤは大抵中上級品のちょっと良いタイヤになってしまうのですが、そこまでソフトではないもののシンセラは低価格帯ながら腰のあるタイヤです。
      そういった意味でもひとまろさんにとって一定の満足が得られるタイヤとなるのではと考えます。
      以上、お役に立てましたでしょうか?

  24. タイヤナビゲーター様

    懇切ご丁寧なご回答、深甚に存じます。
    安いタイヤの名前を羅列して、乗り心地とか贅沢なことを申し上げているのは承知の上でしたが、私の無理難題にお答えいただき、ありがとうございます。
    お答えを受けて走行安定性に秀でたシンセラで検討していきたく思いますが、実は私もファルケンのブランド力は低い評価をしていたのが事実なんです。
    こんな話を書くと年がばれますが、オーツタイヤの時代には、どこの店に行ってもファルケンは安いだけが取り柄のタイヤだといわれましたから…。
    でも今は住友ゴムの一ブランドですから、そんなことはないと思い、候補に入れて正解だったようですね

    実際、私の周りでもファルケンはなかなか評判いいですから。
    外車にジークス履かせている例が、三つもありましたね。

    現在はイエローハットのPBであるプラクティバ(古いエコスの再発版)を履いているのですが、これは(値段の割にはという枕詞が付きますが)なかなかのもので、燃費と高速での安定性以外はあまり不満はありませんでした。
    今のエコスは少し軽量化が過ぎて、やわになってしまったようですが、プラクティバは重い分意外とコーナーでも粘ってくれますし。
    ただ、次は少し新しいタイヤも試したくなって、お伺いさせていただいた次第です。

    さて、後学のため、加えて伺いたいのですが、ここまで迷ってきた過程で、以下のタイヤも候補に入れていました。
    ご存じの範囲で結構ですので、どのようなタイヤなのか、またおすすめできるものなのか、お教えいただけたらうれしく思います。
    ・ダンロップ EC202L
    ・デイトン DT30
    ・ナンカン AS-1
    ・ナンカン NS-20
    ダンロップとブリジストンの海外生産の廉価ブランドと、アジアンタイヤの雄ですが、前者は古い設計のようですし、後者は(アジアンタイヤは空気圧のマメなチェックが必要と聞いたので)不精な自分にはやっぱり国産が安心できるかなということで、候補からは外しましたが、未だに気になっているタイヤではあります。

    お忙しいところ恐縮ですが、ご教授のほど、お願いいたします。

    1. こんにちは。インプレッサスポーツ現行(GT)C型2.0i-L(FF)というクルマに乗っています。新車装着タイヤは205/50r17のトランザT001です。年間走行6000kmなのでタイヤの寿命は気にしません。
      街乗りの段差通過等での衝撃を少しでも緩和したいです。ほぼ街乗りなので高速道路やワインディング性能は拘りません。
      レグノは恐らくトランザよりコンフォート寄りでマイルドになる気がしますしウェブでの評価は高そうです。でもブリジストンはそもそもサイドが硬いという意見もあります。
      Le MansVはサイドが柔らかくてよいという意見がありますが、そもそもXL規格品のため頑丈な気がします。空気圧を20くらい上げないとトランザと耐荷重値が合いません。
      一方インプレッサの足回り自体が硬く、205/50r17というサイズなのでタイヤを変えても期待できない気もします。
      幸い、レグザを買うくらいの予算はあるし、銘柄に拘りはありません。履き替える効果がありそうなタイヤがあれば教えてください。
      おすすめがなければ、今のタイヤのままで空気圧少し下げたらマシになりますか?巷では規定値を下回らないよう言われてますが。
      アドバイスよろしくお願いします。

  25. 初めまして。タイヤ選びの際にはよく参考にさせていただいております。
    タイヤ選びの事で相談させていただきたいとおもいます。
    現在、後期型BRZのGTのタイヤ交換を考えております。通勤+たまに高速&ワインディングという使用状況で、年間走行距離は約8000~9000Kmほどです。
    候補としては、
    ミシュラン パイロットスポーツ4
    YOKOHAMA アドバンフレバ
    BS ポテンザアドレナリンRE004
    を考えております。
    ドライグリップとウェットグリップを重点に考えておりますが、耐摩耗性も視野に含めると、どのタイヤがおすすめなのでしょうか。
    似たよう性格の3点ですが、ご教示のほど、よろしくお願いします。

    1. ハンスさん初めまして
      この時期はナビゲーターも相当に多忙でして素早いレスポンスが出来ずすみません。ボーっとソファーに座っていても知らぬ間に寝ているような状況なのでお察しください。
      さて、早速ご質問についてお答えします。
      ・パイロットスポーツ4⇒バランス重視、ワインディングを楽しく走れます。耐摩耗性高いがゴムの硬化は早い、どちらかと言えば月1,000km程度は走って表面の硬くなったゴムを削り落としていくのが理想ですが、それを除けばハンスさんのお好みなのではないかと思います。更に「満足保証」で60日以内なら別のタイヤに替えられます。
      ・アドバンフレバ⇒ウェット重視ならコレ、摩耗は早めだが年1万kmに満たない走行距離ならゴム劣化とのバランスから問題ないと考えられる。また燃費性も悪くない。走りは軽快ですが剛性はやや柔らかさを感じる可能性があります。BRZ乗りの走り好きだとちょっと物足りないかもしれません。
      ・アドレナリン⇒ドライ重視ならコレ、耐摩耗性もフレバより若干良い。剛性もあり運動性も中々のものです。一方で快適性能はあまり高くありませんがBRZ乗りの走り好きならこれはありだと思います。更に比較的ゴム劣化はゆっくりめなので走行距離少なめのハンスさん向きかなと考えます。
      最後にタイヤはゴムが劣化すればダメになるのでハンスさんの場合、耐摩耗性は考慮されなくてもいいのではないでしょうか?むしろゴム劣化を重視する方が良いように思います。

      1. コメントありがとうございます。
        年末はスタッドレス需要で忙しい時期ですからね。お体には気を付けてください。
        なるほど、パイロットスポーツ4は長距離走れないとかえってゴム劣化の影響を受けてしまうのですね。
        前の車(先代スイスポ)はサイズの関係でBSのアドレナリンRE03を付けておりましたが、感想としてはハンドリングは良いけど固いタイヤだなぁという印象でした。現行のRE04も同じ感じなのでしょうね。
        似たような位置付けの3点ですがそれぞれに個性があって面白いですね。
        アドバイスを参考にしてタイヤ選びに悩むこととします。ありがとうございました。

        1. ハンスさんこんばんは
          確かにRE004も結構硬さのあるタイヤで似た特性ですね。スイスポのタイヤサイズだと結構ゴツゴツしたことが想像できます。
          その点パイロットスポーツ4はサイドウォールが変形するように作られておりスポーツと名はついていますがガチガチではありません。
          3,4年くらいを目処にゴムが痛んだら交換するのであれば問題もないと考えます。

  26. 初めまして。今朝コメントしたつもりですがうまくできなかったようなので再度書かせて頂きます。
    ・車はインプレッサスポーツ現行型GT6(2.0i-L、FF)。
    ・新車装着タイヤはトランザT001、205/50R17。
    ・ほぼ街乗り。年間走行距離6000km。
    ・新車購入後半年くらいから走行時の突き上げ、特に段差や道路の継ぎ目が気になりだした。
     前車がプレマシー(195/65/R15)で足回りがかなり柔らかかったので、硬めで運転がキビキビ
     している車に魅了されてしまった気がします。でも今思えばここまで素晴らしくなくても
     よかったかも、です。
    ・ディーラーは故障・不良ではないとのこと。
    ・購入後1年で釘でパンクしたので思い切ってレグノGR-XⅡ(新品)に全本取り換え。
     巷のレビューでネガティブな書き込みが非常に少なかったため。
     若干角が丸くなったような気がするが、満足はできない。
    ・知人にルマン5の方が柔らかいからと良かったのにと言われた。
     でも、ルマンはXL規格のため、純正やレグノより空気圧を15kPa以上高めないと同じ耐荷重に
     ならないので、柔らかいとは思わなかったので選択しなかった。
    ・時期未定ですが、突き上げに効果があれば早めにタイヤを新調してもよい気持ち。レグノくらいの
     価格でもOK。寿命は長くなくてもOK。

    足回りが硬い車を買ってしまったと言われればそれまでですが、突き上げ以外は気に入っているので
    少しでも改善できないかなと思っています。
    銘柄には拘らないので何かおススメがありましたらお願いします。おススメがなければ空気圧を少し
    下げてみるしかなさそうです。ブリジストンはサイドウォールが硬いとの書き込みが多く、プレミアム
    コンフォートタイヤでもやっぱり硬いんでしょうか…。

    よろしくお願いします。

    1. lilyさんはじめましてこんばんは
      我々のような個人運営の非営利サイトのコメントは迷惑広告などを避けるためサイト主が承認するまで反映されません。
      そのため、コメントをしても承認されるまで反映されません。
      さて本題ですが多忙につき少し考えさせてほしいので時間をください。
      ただ取り急ぎ一点だけ言わせてください。
      空気圧を下げるのはお勧めしません。
      タイヤを無用に変形させ無駄な熱を発生させるためタイヤを痛めます。
      タイヤの空気圧は思っているより重要です。
      「親父ラーメン、麺硬めで、柔らかめで」というわけには本来いきません。
      上げるのはまだしも下げるのはリスクが高いので控えた方が良いです。
      快適性は安全性を確保した上で得るものでリスクを負って得るものではないと考えます。
      あと2、3日時間をください。

  27. コメントありがとうございます。こちらの仕組みが分かっておらず失礼しました。
    無理難題をお願いしてしまったようで恐縮です。
    正直申し上げますと、インプレッサはそもそも足が硬いクルマであって、そういうもの。タイヤは70扁平ですし、レグノが合わない・悪いのではなくタイヤを変えても大して期待はできない、という結論になるような気もする一方、少しでも改善できないかという淡い期待もしています。
    こちらのサイトは情報量が多く正確そうでかつ客観的であり信頼度は他に類を見ないと思っています。管理人さんにそういうものだよと言って頂けるとようやく諦めもつきそうです。
    よろしくお願いします。

    1. lilyさん、こんばんはお待たせいたしました
      まずlilyさんのおっしゃられる通りある程度は車の特性上も「そういうものだよ」ということはあるかと思います。
      ではレグノについて何故そういうものなのかというところを説明します。
      一時期柔らかい時期もありましたが「REGNO」というタイヤは元々サイドを厚めに作って路面からの振動や音を車に伝えにくいように設計されています。
      基本的には路面の凹凸を吸収してくれるしなやかさと振動の抑制は素晴らしいものがありますが、横が厚いので扁平タイヤだと瞬間的な入力で突き上げを感じることもあるかもしれません。
       さて、「じゃあ仕方ないね」で終わっては面白くありませんのでナビゲーターなりの提案をしてみます。
      文面からlilyさんが最も気にされているのは「突き上げ感」なのかなと感じています。
      1.では他メーカーのプレミアムコンフォートタイヤはどうか?
       ヨコハマはスポーツブランドのアドバンを冠していることもあり、走りを失わないように剛性があるセッティングです。またダンロップのビューロは重量車を主軸に考えているのか頑強で硬めのセッティングであるため共に改善されないでしょう。快適性を重視する日本における国内三大メーカーでさえこうなので走り重視の海外有名ブランドは問題外でしょう。
      2.中型セダンを主体にしたタイヤという選択
       というわけでナビゲーターの提案は「ヨコハマのブルーアースGT」です。
      中型セダンの車重を主体としたタイヤであるが故、幾分柔らかくしなやかで突き上げをいなす柔軟さを持っています。一方でしっかりとしたコシの強さも持っているのでインプレッサスポーツの走りの楽しさも損なわないでしょう。更に雨にも強く、ゴム劣化も比較的ゆっくりなので年間走行距離が少ないlilyさんに向いているように考えられます。
      一方で比較的静かですがレグノほどの静粛性はないですし、荒い路面などでのゴロゴロ感はレグノの方が上手く消してくれるように思います。
      また、友人の方のお勧めされたルマンVも良いと思います。では何故ブルーアースGTかといえば
      1)設計が2年新しいため、より新しい技術が投入されている。
      2)ウェットグリップで最高グレードを獲得している。
      3)ゴム劣化がよりゆっくりである。
      4)そしてこれは問題ないかもしれませんがスペアタイヤが装備されていない場合ルマンはパンク修理剤に対応していないという点です。
      最後にブルーアースGTもこのサイズはXLですが、そのことが突き上げ感の大きな要因にはならないかなと考えます。
      長くなりましたが以上がナビゲータの考えですが勿論これは一つの選択肢に過ぎませんので参考にして頂ければ幸いです。

  28. 丁寧なアドバイスありがとうございました。コンフォートとかプレミアムという言葉に勝手に踊ってしまい、高価だから大ハズレはないだろうと思ってしまい、自分が一番求めていたものから少し外してしまったようですね。でも、プレミアムカテゴリーの中ではビューロやアドバンや海外よりかは柔らかめのようなので、最悪ではなかったようです。
    半年前に人生初のパンクを経験してので、スペアタイヤがないと確かに心配です。
    ブルーアースGTですね!
    家族をどうやって説得しようかな…
    ありがとうございました。

  29. またまた失礼します。先日はアドバイスありがとうございました。
    ブルーアースGTのことでお尋ねします。
    素人ながらインターネット情報をみたところ、先代のブルーアースAと比べて剛性を上げた、しっかりした乗り心地とのコメントが目につきます。ADVANと同じスポーツタイヤカテゴリと位置付ける人もいます。
    また、近所の店でタイヤを触ってみました。肝心のブルーアースGTを触ることはできませんでしたが、
    期待していたルマン5の50扁平は柔らかい気はしませんでした。
    もしかしたら50扁平自体、どの銘柄も柔らかくない(柔らかくできない)、つまりブルーアースGTに履き替えてもREGNOとさほど変わらないのではと思うようになりました。
    あくまで素人考えに過ぎないと思いますが、実際はいかがででしょうか。ブルーアースの購入に躊躇しています。
    さらに、OEタイヤとはいえ新型レヴォーグにブルーアースGTが新車装着されたことを知りました。
    乗り心地が改善されたといっても、あくまでスバル車ですので柔らかいとは到底思えません(笑)
    ご多忙と思いますので、お手すきの時にお願い致します。

  30. こんにちは。はじめまして。
    私は北海道在住で雪解け後に向け、タイヤを新しくしたいと思い色々と調べていました。そしてこのサイトにたどり着き、大変参考にさせていただいております。
    自分なりに調べた結果、3つのタイヤで迷っておりご教示いただきたくご連絡しました。
    現在は、タイヤが純正サイズの215/60/17のコンチネンタルプレミアムコンタクト2のジープコンパスに乗っています。
    迷っているのが、ダンロップVEURO VE304、ヨコハマBluEarth-XT AE61、TOYO PROXES CL1SUVの3つです。どれも遜色はないと思いますが、低燃費性能と耐摩耗性能を重視したいと考えております。
    以上でありますが、それぞれの一長一短などを含めてアドバイスをいただけたらと思いますので、よろしくお願いします。

    1. もこもこさんはじめまして、こんにちは
      質問返しで申し訳ありませんが、もこもこさんの年間走行距離はどの程度でしょうか?

      1. ご返信ありがとうございます。
        年間約1万キロですが、冬期間はスタッドレスのため夏タイヤでは7千キロ前後です。
        以上、よろしくお願いいたします。

        1. 年間走行距離が1万kmくらいでしたら、耐摩耗性については挙げられた3つのどれでも問題ないと考えられます。低燃費性能も大差はないでしょう。
          そこでコンパスに対する3つのタイヤの特徴を挙げてみます。
          (1)VE304:静粛性は最も高いがゴム劣化が若干早めなので経年によって音が大きくなります。非常にどっしりとしていて安定感があるため乗りやすいです。但し、SUV用に設計されたタイヤではないため、レーンチェンジの際など多少の左右へのふらつきが気になる可能性があります。ショルダー偏摩耗が予想されますがローテーションすればゴム劣化までの4,5年間十分に使用できると思います。
          (2)AE61:VE304についで静粛性能が高くウェットグリップも非常良いです。更にゴム劣化がゆっくりなので初期の性能が長持ちします。背の高いSUV用に設計されているためふらつきも抑えられ右左折の多い街乗りでも乗りやすいです。ゴムとしては軟らかめなので摩耗は早めですがもこもこさんの走行距離ならローテしながら5年十分に乗れるでしょう。
          CL1SUV:初期ではAE61に近い静粛性を持っていますが、概ねゴム劣化の早めなトーヨーのため、ウェットグリップを含め性能低下は早めでしょう。サイド剛性が高いので直進安定性はよく、多少ゴツゴツするものの安心感があります。CF2SUVに比べると値上げされたものの販売価格は同クラスでもっとも安い部類なのでお得感があります。5年使おうとすると後半は濡れた路面でストレスがあるかもしれません。
           以上、参考になりましたでしょうか?

  31. ご回答ありがとうございました。
    3つについて大変詳しく説明していただき、とても参考になりました。
    ご回答を読んで値段も考慮しなければなりませんが、今のところAE61が一番自分にとって合うのではないかと思いました。雪解けまでまだあるので、もう少し悩んで決めたいと思います。
    今回はお忙しい中ご対応していただき、ありがとうございました。

  32. 初めまして、2007MERCEDES B200ターボです。215/45R17、2年前に4本ショックとエンジンマウントブッシュを交換し、コンフォートに軸をおいて乗っております。年間6000kmくらいです。現在2017ルマンV残り5mmです、トレッド面外側とサイドウォール境界あたりにひびが出始めまして交換を検討中です。いろいろ悩んだのですが、ルマンVの代わりにPRIMACY4がいいかなと思いまして質問です。こちらのサイトの性能グラフですと静寂性では、ルマンvが6、PRIMACY4、VE304が8となっておりました。少し驚いてみたのですが、PRIMACY4の方が静かと言うことですね?というのはロードノイズはともかく、最近後輪の振動がラゲッジボードに共振して耳障りになりました。ルマンv、XLの空気圧は260に合わせております。ちょっと高すぎるのかもしれません。215/45R17ですと、PRIMACY4は87WのSTD規格がまだ市中にあるので91WXLより乗り心地がいいでしょうか? B200は1.5tですが、FFのため後ろが軽いようです。なにか他にもお勧めタイヤありましたら合わせてアドバイスください。

    1. はじめましてこんばんは、てつやさん
      音についてですが欧州は車外騒音規制があり数値が公表されていますが、国内にはまだ法律がなく国内で販売されているタイヤについても放出エネルギーは公表されていません。
      その為、現状は私を含めたユーザーの主観によって判断するよりありません。どこまでいっても主観なので科学的根拠のあるものではありません。
      その上でナビゲーターのルマンVについての評価ですが、ダンピング音はよく消してくれ「並み以上の静粛性能」を持っているので多くのユーザーは満足するものの高い静粛性を求めるなら「もっと上がある」という評価です。
      そのもっと上がビューロだったりプライマシーだったりと評価しています。てつやさんが音について多く触れているので静かなタイヤでお勧めの選択も追加しておきます。

      ➀ビューロは同じダンロップのルマン同様「特殊吸音スポンジ」を採用しているためダンピング音をよく消してくれることはもちろん、パターンノイズやロードノイズはより抑えてくれます。更に頑強に作られているので安定感があります。
      ➁プライマシーは少し難しいところですが発生する音域をあえて高音域に振ってあるそうで、これは実に欧州的だなと思いますが頻度の高い高速走行時には高音域の風切り音が発生するのでタイヤから出る音が気にならなくなるでしょうとの発想だそうです。それ故、人によってはあまり静かではないと感じる方もいるでしょう。XLについてはやはり幾分硬いと感じるかもしれません。満足保証プログラムで60日以内なら交換できるので試しても良いと思います。ただ一点気になるのはややゴムの硬化が早く硬化したゴムを削って新しい層を出していってあげないとグリップも快適性も顕著に落ちていくことです。駐車場が紫外線の影響を受けなければいいのですが、もしかすると年間走行距離が少ないてつやさんには向かないかもしれません。(3年ほどで交換するなら問題ないでしょう)
      ➂第3の選択肢を2つ
      ヨコハマのアドバンデシベルV552は静かでキビキビした軽快な走りができるタイヤです。少々摩耗は早いですが年6,000kmなら問題ないでしょう。
      ブリヂストンのレグノGR-X2は快適性能なら他の追随を許さないとも言っていいでしょう。ただ価格が高いことと少々柔らかめのクッション性のためレスポンスはややもっさりしていると感じるかもしれません。
      以上、参考になりませしたでしょうか?

  33. TireNavigator様
    早速の御回答ありがとうございます。この車購入時に、NANKANG AS-2+を新品でつけてのですが、ちょいノイズがうるさくて8000km経過後残り6mmで、同じ残り6mmのルマンvの中古をつけて比較してみました。音は静かになったのですが、もっと驚いたのは高速長距離で同コース800kmを満タン法で燃費比較したところ、AS-2+で12km、ルマンVだと15km/Lも走りました。驚きですさすがAAですね。その後8000km走りよく見たらトレッド面の劣化で細かいひびが入っていたのでそろそろ交換かなと思いました。ご指摘通り、青空駐車で、右側だけが太陽に当たるためPRIMACY4だと劣化が早まるかと思います。ノイズ高音域振りというのがHPで言うところの周波数コントロールなんですね。予算が許せばVE304にしたいとこなのですが、今回は並行輸入のPRIMACY4、87Wにしてみて、ヨーロッパ車との相性を体験してみたいと思います。現状空気圧を240まで下げたところだいぶ改善されました。アドバイスありがとうございました。

  34. 現在、タイヤ交換時期にきておりタイヤ選びを調べる中でこのサイトを興味深くみております。
    車はC-HRハイブリットで、通勤で往復80km、週末の利用を含め年間2万5千kmの走行距離となっています。
     現在のタイヤはEGRPIP SUVHP01(グットイヤー)で交換の候補としてALENZALX100(ブリヂストン)、ブルアースXT(ヨコハマ)、Primacy4(ミシュラン)を検討しております。
     セダンからC-HRに乗り換え際にタイヤ音が大きく感じていたため、タイヤ交換の際は、静粛性を重点に考えALENZALX100を第1候補とみていましたが、ウェットグリップ性能評価「C」となっており、ウェットグリップ性能が高いブルーアースXTなどが適しているのではかと迷っているとことで、タイヤ選びのアドバイスがあればよろしくお願いたします。

    1. こんばんは、まさゆきさん
      このサイトが少しでもお役に立っていれば幸いです
      さて早速ですが、正直非常に悩ましい状況ですね

      まずPrimacy4はコンフォートのバランス型で高速域では結構静かですが低速域はそれほどでもないので静かさを期待されているとやや物足りないかもしれません
      また高速域での直進安定性は良いのですが、SUV用設計ではないのでコンパクトSUVとはいえレーンチェンジなどで多少ふらつきが気になる可能性があります
      日々沢山走られる中でもゆったりとした運転をされるならありですが、そうでないのならちょっと疲れるタイヤかなと感じます

      次にSUV用の2つです
      まずナビゲーターがプラドにつけて乗って試乗させてもらった感じではLX100の静粛性は頭一つどころか頭二つくらい抜けている印象なので静粛性を優先されるならやはり価値のあるタイヤです
      ウェットについては’b’寄りの’c’かなと感じましたが、やはりLX100は接地面が細めに作られているためかその点はやや弱いように感じます
      一方ブルーアースXTはウェット性能については非常に優れていますし、骨格もしっかりしているので運転しやすいです
      確かに静粛性ではLX100には負けますが、それでも平均以上の静かさを持っています

      ここでちょっと視点を変えてみます
      まずウェット’c’は「普通」といった位置づけです
      そして比べるのはあくまでも「今のタイヤ」が基準になります
      現在装着されている「EGRPIP SUV HP01」ウェット性能のラベリングは公表されていませんが’b’~’c’程度のウェット性能を持っているようです
      つまり新品同士で比べれば’c’でも現状とあまり変わらないということになります
      今の時点でウェット性能に不満がないなら、現在不満に感じている静さを大幅に改善できる「アレンザLX100」
      逆に現状のウェットを改善したいということでしたら、「ブルーアースXT」でも今以上の静粛性を持っていますから此方をお勧めします

      沢山走られるようなのでいずれのタイヤも耐摩耗性能は気にはなりますので、車間を十分とって無理ない程度に惰性を使った運転を意識してあげると持ちが良くなると思います
      以上、ご参考になれば幸いです

  35. ナビゲーター 様
    早々にアドバイスをいただきありがとうございました。
    アドバイスの内容も当方の迷いに具体的に書いていただいており大いに参考になります。
    特に「アレンザLX100」に関しては、販売から日が浅くweb上の試乗感想の情報も少ない状況で、ナビゲーターさんのように多く種類のタイヤの試乗された中でLX100の感想を聞けたことは大変嬉しく思っています。
    今後のタイヤ選びは、アレンザLX100を第1候補として検討し、価格に納得いくかどうかでブルーアースXTとの二者択一と考えています。
    アドバスをいただけましたこと、重ねて感謝申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

現役プロが教えるタイヤ選びや買い方総合サイト