新車装着タイヤからのタイヤ交換 – 2016年

Pocket

新車装着タイヤ

少し前までの新車装着タイヤ

一昔前までは新車装着タイヤと言えば、とりあえずついてりゃ良いやってタイヤなイメージを持っている方も多いはず。確かに以前は一部の高級車を除けば、車のグレードに合っていないと思えるタイヤがついていることも多くありました。自動車メーカーとしては、馬力やデザイン、内装など車を購入する人に対する訴求力のある部分にはコストをかける必要がありました。しかし、そこをいくとパッと見黒いだけのタイヤは、言わば靴底のようなもので興味を持つ人も少なく、コストが掛けづらかったと考えられます。しかし、履いてしばらくすればデザイン同様、靴底の大切さにも気づくでしょう?


昨今の新車装着タイヤ

高級車に限らず車にあったタイヤが新車装着タイヤとして採用され出したのは、まだ10年に満たない最近のことのように感じます。最近では新車装着タイヤの役割が見直され、コストだけでなく車の性能を引き出す重要なパーツとして車に合った適正なタイヤが新車装着されるようになりました。
新車装着タイヤが見直され出したのは、長期にわたり燃料価格が高騰したことでプリウスのような燃費性能の高い車が支持された頃です。新型車のCMと言えば必ずと言って良いほど「リッター何km」というフレーズが使われ、新車の購入の第一注目事項が「燃費」という方が非常に多くなったことに起因すると考えられます。自動車メーカーは未だ続く低燃費競争に突入した時期で、コンマ1を競う燃費性能を上げるべくエンジンや空力だけでなくタイヤにも低燃費性能を求めました。また低燃費性能だけでなく、車の性能やその車種を選ぶ方の嗜好に合ったタイヤがつけられるようになり出しました。これらは日本の自動車メーカーが世界でも大きなシェアを持ち、走りにこだわりのある欧州や走行距離が多い北米など多くのニーズに応えるよう付加価値を付けた結果、自動車メーカーがタイヤにも様々な役割を求めたことで起こった事象と言えます。

繰り返しますが、昨今の新車装着タイヤは車の性能に合ったものが多く、逆に言えば新車装着からタイヤの性能を落とせば車の性能も落とす結果になるわけです。それ故、新車装着タイヤを知り、車に合ったタイヤを選んであげることが重要になるわけです。


あなたの新車装着タイヤを知ってタイヤを選ぼう

タイヤの側面を見てみましょう。タイヤメーカーとタイヤ名称の印字があります。それがあなたの車についている新車装着タイヤのメーカーと名称です。国内メーカーの場合、そのほとんどが新車装着専用タイヤで一般市販タイヤにはないタイヤが装着されています。これを元にあなたのタイヤを選んでみましょう。


注)ほぼ全ての純正装着タイヤに言えることですが、名称が同じであっても実は全く同じタイヤではありません。特徴は似ていますが車種に合わせて特性が変えられているので、純正装着タイヤの特徴とタイヤ交換後の性能差については指標と考えてください。

1.ブリヂストンのタイヤ装着車編

1-1)TURANZA(トランザ)

1-2)POTENZA(ポテンザ)

1-3)ECOPIA(エコピア)

1-4)Bシリーズ


Pocket

新車装着タイヤからのタイヤ交換 – 2016年-ブリヂストン編➁POTENZA(ポテンザ)

Pocket

1.ブリヂストンのタイヤ装着車編➁

1-1)TURANZA(トランザ)

1-2)POTENZA(ポテンザ)

1-3)ECOPIA(エコピア)

1-4)Bシリーズ



1-2)POTENZA(ポテンザ)

現装着タイヤがPOTENZA(ポテンザ)の場合
言わずと知れた高い運動性能を備えたスポーツタイヤですが、新車装着タイヤとしてのPOTENZAはかなりバランスを重視して設計されています。一般市販タイヤとしてはPOTENZA S001が非常に近しいモデルですが、概ねS001の方が性能が高い。新車装着用タイヤはグリップや快適性能では劣る代わりに、耐摩耗性能は新車装着タイヤが大きく勝っている。

 現装着
タイヤ
同メーカー
同格タイヤ
他メーカー
同格タイヤ
メーカーブリヂストンブリヂストンヨコハマダンロップトーヨーミシュラン
タイヤ
銘柄
POTENZA
RE050
RE040
RE070
など
POTENZA
S001
ADVAN
SPORT
V105
SP
SPORT
MAXX
050+
PROXES
T1
SPORT
Pilot
Sport4

または
Pilot
Sport3
特性
比較
高い剛性と耐摩耗性能を備えたスポーツコンフォートタイヤです。
グリップなどの走行性能だけに傾倒しすぎず、静粛性能や乗り心地などにも配慮されたバランスの良いタイヤです。
全般:
優れる
乗り心地:
やや優れる
静粛性能:
優れる
走行性能:
やや優れる
ドライ:
ほぼ同等
ウェット:
やや優れる
摩耗:
劣る
全般:
走り良い
乗り心地:
ほぼ同等
静粛性能:
ほぼ同等
走行性能:
優れる
ドライ:
ほぼ同等
ウェット:
やや優れる
摩耗:
やや劣る
全般:
ほぼ同等
乗り心地:
やや劣る
静粛性能:
やや劣る
走行性能:
ほぼ同等
ドライ:
やや優れる
ウェット:
やや劣る
摩耗:
やや劣る
全般:
やや劣る
乗り心地:
やや劣る
静粛性能:
やや劣る
走行性能:
ほぼ同等
ドライ:
ほぼ同等
ウェット:
劣る
摩耗:
やや劣る
全般:
一番近い
乗り心地:
ほぼ同等
静粛性能:
ほぼ同等
走行性能:
やや優れる
ドライ:
やや優れる
ウェット:
やや優れる
摩耗:
やや優れる
 現装着
タイヤ
同メーカー
同格タイヤ
他メーカー
同格タイヤ
メーカーブリヂストンブリヂストンヨコハマダンロップトーヨーミシュラン
タイヤ
銘柄
POTENZA
S001
POTENZA
S001

一般市販用
ADVAN
SPORT
V105
SP
SPORT
MAXX
050+
PROXES
T1
SPORT
Pilot
Sport4

または
Pilot
Sport3
特性
比較
高いグリップ性能に静粛性能や乗り心地を合わせたプレミアムコンフォートタイヤです。
全てを捨てない贅沢な設計の素晴らしいバランスタイヤです。純正タイヤとしては摩耗が早めです。
一般市販用S001と完全に同じものではありません。
全般:
一番近い
乗り心地:
やや優れる
静粛性能:
ほぼ同等
走行性能:
ほぼ同等
ドライ:
やや優れる
ウェット:
やや優れる
摩耗:
やや劣る
全般:
走り寄り
乗り心地:
やや劣る
静粛性能:
やや劣る
走行性能:
優れる
ドライ:
やや優れる
ウェット:
やや優れる
摩耗:
ほぼ同等
全般:
やや劣る
乗り心地:
やや劣る
静粛性能:
やや劣る
走行性能:
ほぼ同等
ドライ:
やや優れる
ウェット:
やや劣る
摩耗:
ほぼ同等
全般:
やや劣る
乗り心地:
劣る
静粛性能:
劣る
走行性能:
やや劣る
ドライ:
ほぼ同等
ウェット:
劣る
摩耗:
やや劣る
全般:
高速良い
乗り心地:
やや劣る
静粛性能:
やや劣る
走行性能:
やや優れる
ドライ:
ほぼ同等
ウェット:
ほぼ同等
摩耗:
やや優れる

1-2-1)ある程度走りの良さを残しながら快適性能を高めたいあなた

YOKOHAMA ADVAN dB V551
特徴 :スポーツブランドADVANの快適性能を備えたフラッグシップタイヤ。
良い点:静粛性能や乗り心地が高い。走行性能も良い。
悪い点:ドライグリップ性能や剛性は幾らか劣る。


DUNLOP VEURO VE303
特徴 :コンフォートとしてはガッシリ、しっかりとしたタイヤ。
良い点:サイドウォールも厚くガッシリとした作りで安定感が良い。
悪い点:濡れた路面では少し滑るのとノイズが大きくなる。


1-2-2)同系統で少し性能を落としても価格を抑えたいあなた

BRIDGESTONE POTENZA RE003
特徴 :1つ下のグレードだが、満足できるグリップと走行性能を持つ。
良い点:S001に比べて随分安価。高剛性で十分なグリップを持つ。
悪い点:走行性能は中々だが快適性能では、S001に水をあけられている。


DUNLOP DIREZZA DZ102
特徴 :1つ下のグレードだが、中々のグリップと走行性能を持つ。
良い点:S001の6~7割の値段。剛性も高くハンドリング性能も高い。
悪い点:ゴムの劣化が早めなことと、ウェットグリップが少し弱いこと。


1-2-3)静粛性能や乗り心地は諦めるから激安にしたいあなた

FALKEN ZIEX ZE914F
特徴 :スポーツとコンフォートの特徴を併せ持つ。
良い点:割と高剛性で走行性能は高い。摩耗にもそこそこ強い。
悪い点:うるさくはないが静粛性は結構落ちる。


1-2-4)激安で多少のスポーツ性能が欲しいあなた

TOYO DRB
特徴 :一昔前のタイヤだけど一応スポーツタイヤ。
良い点:パターンは結構かっこいいと思うのでドレスアップに良いかも。グリップもそこそこ。
悪い点:スポーツタイヤとしては二流だけどスタイルとして履くなら問題ない。


Pocket

新車装着タイヤからのタイヤ交換 – 2016年-ブリヂストン編➀TURANZA(トランザ)

Pocket

1.ブリヂストンのタイヤ装着車編➀TURANZA(トランザ)

1-1)TURANZA(トランザ)

1-2)POTENZA(ポテンザ)

1-3)ECOPIA(エコピア)

1-4)Bシリーズ



1-1)TURANZA(トランザ)

現装着タイヤがTURANZA(トランザ)の場合
TURANZA(トランザ)とは’TOURING POTENZA’(ツーリング ポテンザ)に由来すると言われている。つまりスポーツタイヤのPOTENZA(ポテンザ)の高い運動性能をツーリングに必要な快適性能に振り分けたタイヤというわけです。POTENZAの派生のようでいて、快適性能により大きく性能が振られれている為、ある程度の運動性能を持ちながら、より快適性能が高いタイヤであるREGNOやPlayzなどが近しいタイヤとなる。

 現装着
タイヤ
同メーカー
同格タイヤ
他メーカー
同格タイヤ
メーカーブリヂストンブリヂストンヨコハマダンロップトーヨーミシュラン
タイヤ
銘柄
TURANZA
ER33
ER300
ER370
普通車
REGNO
GR-XI
普通車
ADVAN
dB V551
普通車
VEURO
VE303
普通車
PROXES
C1S
普通車
Primacy3
ミニバン専用
REGNO
GRVⅡ
ミニバン専用
同格なし
ミニバン専用
同格なし
ミニバン専用
TRANPATH
LuⅡ
ミニバン対応
Primacy3
特性
比較
静かさと快適な乗り心地を持つ純正のコンフォートタイヤです。
快適性能はレグノよりは劣りますが走行性能と摩耗性能は勝ります。
走りを重視する欧州を中心とした全世界ブランドであるが故、快適性能のみに突出せずバランスを重視したタイヤです。
全般:
より快適
乗り心地:
やや優れる
静粛性能:
やや優れる
走行性能:
やや劣る
ドライ:
ほぼ同等
ウェット:
やや優れる
摩耗:
劣る
全般:
一番近い
乗り心地:
ほぼ同等
静粛性能:
ほぼ同等
走行性能:
ほぼ同等
ドライ:
ほぼ同等
ウェット:
やや優れる
摩耗:
やや劣る
全般:
やや劣る
乗り心地:
やや劣る
静粛性能:
やや劣る
走行性能:
ほぼ同等
ドライ:
ほぼ同等
ウェット:
やや劣る
摩耗:
やや劣る
全般:
やや劣る
乗り心地:
やや劣る
静粛性能:
やや劣る
走行性能:
ほぼ同等
ドライ:
ほぼ同等
ウェット:
劣る
摩耗:
やや劣る
全般:
高速良い
乗り心地:
ほぼ同等
静粛性能:
ほぼ同等
走行性能:
やや優れる
ドライ:
ほぼ同等
ウェット:
やや優れる
摩耗:
やや優れる

ネットでの販売価格は大抵:ブリヂストン>ヨコハマ>ダンロップ>ミシュラン>トーヨーの順で安くなっていく為、グレードを同じくして価格を抑えたいときの参考にして下さい。但し店買いするときはミシュランはブリヂストンに次いで高価なことが多いので注意です。




1-1-1)もっとグリップや走行性能が欲しいあなた

BRIDGESTONE POTENZA S001
特徴 :比較的静かで乗り心地の良いスポーツタイヤの代表格です。
良い点:ドライ・ウェットグリップ、剛性などの走行性能が上がります。
悪い点:摩耗は早いので沢山走る方には贅沢か。価格はレグノと同等で高価。


MICHELIN Pilot Sport 4またはPilot Sport 3
特徴 :比較的静かで走れるバランス重視のタイヤです。
良い点:高剛性で高速性能と走行性能が高い。摩耗にも強い。
悪い点:うるさくはないが静粛性は敵わない。乗り心地は少し硬め。


1-1-2)少し性能を落としても価格を抑えたいあなた

BRIDGESTONE Playz PX
特徴 :全体的に若干性能が落ちるが近しいタイヤ。
良い点:運転が快適で疲れにくい。ウェットグリップが非常に高い。
悪い点:ちょっと割高感があるが運転の疲れにくさに価値を見出せるあなたには魅力大。

YOKOHAMA BluEarth A AE50
特徴 :1つ下のグレードだが比較的静かで乗り心地もしなやか。
良い点:ウェットグリップが非常に高い。だいぶん安価。
悪い点:摩耗が早めで寿命30,000km前後なので走行距離が少ない人向き。


DUNLOP LE MANS 4 LM704
特徴 :1つ下のグレードだが剛性高くしっかりしたタイヤ。
良い点:走りはシャキッとする。REGNOの半分の値段。
悪い点:ロードノイズは大きくなる。乗り心地が多少ゴツゴツする。


1-1-3)ミニバンで少し性能を落としても価格を抑えたいあなた

YOKOHAMA BluEarth RV02
特徴 :スタンダードミニバンタイヤとしては非常に静かで乗り心地もしなやか。
良い点:ウェットグリップが非常に高い。だいぶん安価。
悪い点:バランスよく特別見当たらないがサイズラインナップが足りていないこと。


DUNLOP ENASAVE RV504
特徴 :経済性を重視したミニバン専用タイヤ。
良い点:摩耗に強く沢山走れる。燃費もクラス最高レベル。だいぶん安価。
悪い点:レグノに比べれば静粛性能や乗り心地は随分劣る。


Pocket

ピレリから新発売のライトスポーツタイヤ「DRAGON SPORT」の評価は?

Pocket

F1オフィシャルサプライヤーであるイタリアのタイヤメーカーPIRELLI(ピレリ)から、この春発売されたライトスポーツタイヤ「DRAGON SPORT(ドラゴンスポーツ)とはこれ如何に?!


発売経緯

ピレリのタイヤであることと名前から「中国」とピンと来たあなたはマニア。ピレリのスポーツタイヤと言えばP-ZEROであり、P-ZEROシリーズの中で最も安価なタイヤはP-ZERO NERO GT、安価とは言ってもそれなりにするわけです。そこでより安価でライトなユーザーを取り込むべく設計発売されたのがドラゴンスポーツというわけです。2016年3月13日現在、正直言って新商品なのでまだ扱っているショップも少なく、売れればこれから更に安くなると思うので最安のショップは順次更新しておきます。


評価

やわなエコタイヤなんか履いてられるか。やっぱりハイグリップだ!でも高いのは困る・・・なぁ・・・そもそもサーキットを走るわけではないので実はそこまでではないというあなたにピッタリ。正直言ってドライはダンロップDIREZZA DZ102と比べても同等か幾らか劣る。なぜだかスポーツタイヤなのにウェットにかなり気を使った太い縦溝のためだろう。太い太過ぎる!だが確かに耐ハイドロプレーニング(アクアプレーニング)現象性能は高く、昨今のゲリラ豪雨でも安心して走れます。なんて頼りになるんだ!もうスポーツタイヤの本懐であるドライなんてどうでも良くなって来た・・・いやいやドライもホントに良いんですよ。そしてスポーツタイヤなのに耐摩耗性能も高く消しゴムのようにゴリゴリ減っていくことがないのでコストパフォーマンスも良く転がしタイヤとしても優秀です。熱にもある程度の強さを持っているので、サーキット走行でもない限り長時間高速走行してもダレることはないでしょう。


DragonSport04

正面

DragonSport_outside07

アウトサイド

DragonSport_inside08

インサイド

 

DragonSport05

側面


価格

安いです。前述しましたが摩耗にも強いのでコスパも良いです。まだ安くなると思いますが、新商品だし早く手に入れたいあなたは下の表のサイズから現状の安いとこをリンクしておきました。

2016年5月10日追記

もう底値と言っていい価格になりました。DZ102を下回る価格で売られており非常に買いやすくなりました。





サイズラインナップ

korogariTeiko26:転がり抵抗係数 wetGrip26:ウェットグリップ性能
店頭販売参考価格:店売り全て込みで、サイト管理者がこれなら安いと考える1本単価
対象のタイヤサイズをクリックするとネット購入できます。

DRAGON SPORT
インチタイヤサイズkorogariTeiko26wetGrip26備考
20275/30R20 97Y--1
245/35R20 95Y--1
19255/35R19 96Y--1
245/35R19 93Y--1
235/35R19 91Y--1
245/40R19 98W--1
18245/40R18 97Y--1
235/40R18 95W--1
225/40R18 92W--1
245/45R18 100Y--1
225/45R18 95W--1
215/45R18 93W--1
17245/45R17 95W--
235/45R17 97W--1
225/45R17 91W--
215/45R17 91W--1
備考1.エクストラロードタイヤです。
Pocket

ミニバンなら絶対得するミニバンタイヤを比較して選ぶ

Pocket

家族や友人とのお出掛けで大活躍のミニバン。タイヤ交換の時期なら参考にしてください。
➀「簡単が良い」というあなたはミニバンにおすすめのタイヤが3分類から簡単に選べます。
➁ミニバン専用タイヤのことを徹底的に知った上で選びたい方はこのまま読み進めてください。


ミニバン専用タイヤ

その名の通りミニバン専用に設計されたタイヤで、背が高く重心が高い車特有の問題に対応しています。具体的には主に2点で前輪外側の極端な摩耗の抑制走行時のフラつきの抑制です。


目次

1.メリット
1-1)摩耗寿命1.5倍
1-2)フラつき抑制
1-3)意外と安価
2.ラインナップ
3.特徴
3-1)ブリヂストン
3-2)ヨコハマ
3-3)ブリヂストン
3-4)トーヨー
3-5)グッドイヤー
4.あなたのタイヤを選ぶ
4-1)あなたのタイプから選ぶ
4-2)具体例から選ぶ





1.メリット

1-1)摩耗寿命1.5倍でお得

ミニバン特有の前輪外側の偏摩耗。ミニバンの宿命ですがタイヤの真ん中はこんなに溝が残っているのにもったいないと思われるでしょう。ミニバン専用タイヤなら外肩の摩耗を抑制をし、ミニバンセダン兼用タイヤに比べて、少なく見積もっても1.2倍、人によっては1.5倍を超える摩耗寿命がありお得です。


1-2)フラつき抑制

背の高いミニバン、特に大人数が乗車している場合は座席位置が高いことも手伝って重心が非常に高くなります。ミニバンに乗っているあなたなら経験があるばずです。十分にスピードを落としたつもりでも交差点での右左折で外側に倒れる感じ、家族旅行などで乗った高速でのちょっとした車線変更やカーブでも外側に振られてフラつき、何度もユラユラ、フラフラ。こんなフラつきを抑えてユラユラの収束も早くなるので安心感も増しますし、運転の疲れが軽減されます。また、車酔いの軽減につながることもあります。


1-3)意外と安価

一昔前はちょっと高めだったミニバン専用タイヤタイヤですが、今は同グレードのセダンミニバン兼用タイヤと変わらなくなりました。最も安価な最低グレードタイヤよりは高いですが、それでも価格差はそんなに大きくありません。先に挙げた摩耗寿命の長さから1.5倍もの価格差がないなら経済的にも十分お得で、フラつき抑えて安心感も安全性も高いとなれば安いと言って良いでしょう。


次ページではミニバン専用タイヤのラインナップを見ていきましょう。

Pocket