今年の売れてるハイト系コンパクト「タンク、ルーミー、トール」のスタッドレス選び

Pocket

ご家族連れに人気のミニバンやハイト系軽自動車、更にソリオから始まって最近流行してきているのがハイト系コンパクトです。そのハイト系コンパクトで2016年末に発売され人気となっているのがダイハツのトールとそのOEM車トヨタのタンク、ルーミーです。今季そのスタッドレスの需要が高く、タイヤによっては既にメーカーの在庫なくなり今季終了の報告が出ているものもあるので必要な方は急いだ方がよさそうです。

 

純正採用されているサイズ

➀15インチ採用車
➁14インチ採用車

 

タイヤサイズ

➀175/55R15
➁165/65R14

 

ホイールサイズ

ホイール幅J x インチ (インセット) ナット穴数 / PCD
➀5.0J x 15 (40) 4/100
➁5.0J x 14 (35) 4/100

 

装着可能サイズ

➀15インチ採用車は14インチまでインチダウンが可能です。
➁14インチ採用車はインチダウンできません。

 

タイヤサイズ

➀15インチ車なら175/55R15を履くか、165/65R14を履くのがセオリーでしょう。
➁14インチ車は純正サイズである165/65R14を履くのがセオリーでしょう。

 

ホイールサイズ

ホイールメーカーやモデルにもよりますが凡そ以下のサイズの範囲なら装着が可能でフェンダーからのはみ出しもなく、一般的な販売も多いオーソドックスなサイズです。
※ホイールによってはみ出しやブレーキ干渉が発生する場合があるため、必ず販売店に確認してください。
➀15インチ
5.5J × 15 (42~45) 4/100
5.0J × 15 (35~38) 4/100

 

➁14インチ
5.5J x 14 (42~45) 4/100
5.0J x 14 (35~38) 4/100

 

純正サイズと適度なインチダウン

理想はノーマルタイヤと同じタイヤサイズですが、インチが大きい方が高額になります。
そこでナビゲーターは予算が許せばノーマルタイヤと同じサイズをお勧めしています。予算を抑えたい方には1インチダウンをお勧めしていますが、それ以上のインチダウンは氷上性能や走行性能の観点からお勧めしていません。
インチダウンについて詳しく知りたい方はインチダウンのメリットとデメリットを参考にしてください。

 

15インチに採用されているタイヤサイズは今まで三菱アイかスマートくらいでしか使われていなかったためレアサイズであり、扁平率55のタイヤは高額です。凍結の多い地域なら15インチを維持することで175の幅を維持するメリットもありますが、準降雪地域なら費用対効果が高くないので14インチにしてしまっても良いのではないかと考えます。多少の走行性能の低下などは冬のこととして我慢して予算を抑える方が賢明と言えそうです。

 

広告



どのタイヤを選ぶか

氷上性能重視

ブリヂストン BLIZZAK VRX2

最も高額な部類ではあるものの氷上性能は最高クラスであり、効きの持続性も最高クラスです。柔らかなトレッドですがケース剛性が高いのでハイト系のこの車であっても比較的高い安定感が得られます。
➀凍結の多い地域や坂の多い地域向き。
➁走行距離が1,000km/月以下で年数乗りたいあなたにお勧め。
➂トレッドは柔らかいもののケース剛性は高いので、走行性能も悪くない。

VRX2について詳しく

 

ヨコハマ iceGUARD6 iG60

それなりの値段はしますが氷上性能は最高クラスであり、効きの持続性も最高クラスです。
➀凍結の多い地域や坂の多い地域向き。
➁走行距離が1,000km/月以下で年数乗りたいあなたにお勧め。
➂ブリザックは高過ぎるので、氷に強く予算を抑えたタイヤをお探しのあなたにお勧め。
iceGUARD6 iG60について詳しく
 

価格重視

ヨコハマ iceGUARD5 Plus iG50

最も安価な部類でありながら、高い氷上性能を持ったタイヤです。
➀溝があれば3シーズンは雪国でも問題なく使える。
➁第一優先は価格だけど氷も怖いあなたにお勧め。
➂どちらかと言えば中型車程度の車重の重くない車にお勧め。
iceGUARD5 Plus iG50について詳しく
 

ダンロップ WINTER MAXX 01

最も安価な部類であり、氷上性能もそれなりにあり、しっかりした走行性能を持っています。車重が重めで背が高いので硬めのこのタイヤを選択すると走行に安定感があります。
➀摩耗に強いのでアスファルトの上を走ることが多い準降雪地域向き。
➁優先順位の上位は価格だけど万が一の雪には対応したいあなたにお勧め。
➂しっかりしたタイヤなので重い車でも安定。シーズン早めから履いても摩耗の心配が少ない。
WINTER MAXX 01について詳しく
 

まとめ

・15インチ採用車、14インチ採用車ともに「165/65R14」の装着で問題ないでしょう。
・15インチ採用車で走行性能を出来るだけ低下させたくない方や出来るだけ高い氷上性能を得たい方、スタイルにこだわる方は15インチを維持してください。
・比較的車重があり背の高いこの車の特性を考えると、ウィンターマックスのような硬めでしっかりしたタイヤが向います。
・一方でより柔らかいタイヤの方が氷上性能が髙い傾向にあるので、多少走行性能が落ちても氷上優先ならブリザックかアイスガードがお勧めです。

 

氷上性能優先なら、VRX2、iceGUARD6がお勧め。
比較的安価で氷に強いものを選ぶなら、iceGUARD5 Plusがお勧め。
比較的安価で雪に対応できるものを選ぶなら、WINTER MAXX 01がお勧め。
準降雪地域でたくさん走るなら、WINTER MAXX 01がお勧め。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です