ちょっと大きくなった「FREED フリード」のスタッドレス選び

Pocket

ご家族連れに人気のハイト系コンパクト。その中でも少し大きめで人気を集めているのが新型のフリードです。フルサイズのメインカーが別にあるけれど、たまに子供の友達を乗せたり親と子供を両方乗せたりするので2台目でも5人乗りでは足りないって方やまだ家族が小さい方に人気みたいです。小回りが利き見切りが良い、しかも背が高く床面の地上高は低いので乗り降りしやすい車なのでご年配の方にも人気があるみたいですね。
さてそんな今期売れ線のフリードのスタッドレスタイヤ選びをお手伝いします。ポイントはチョイ乗り、街乗りユーザーが多く、車の背が高いってところです。

 

純正採用されているサイズ

➀15インチ採用車のみ

 

タイヤサイズ

2017年11月現在では185/65R15のみの設定です。

 

ホイールサイズ

ホイール幅J x インチ (インセット) ナット穴数 / PCD
5.5J x 15 (50) 5/114.3

 

以前のモデルまでは「ナット穴数 / PCD = 4/100」 だったためフリードからフリードへの乗り換えであってもホイールが使えないので注意が必要です。

 

装着可能サイズ

インチダウン出来ません。

 

タイヤサイズ

インチダウン出来ません。

 

ホイールサイズ

ホイールメーカーやモデルにもよりますが凡そ以下のサイズの範囲なら装着が可能でフェンダーからのはみ出しもなく、一般的な販売も多いオーソドックスなサイズです。
※ホイールによってはみ出しやブレーキ干渉が発生する場合があるため、必ず販売店に確認してください。
6.0J × 15 (50~55) 5/114.3

 

純正サイズと適度なインチダウン

インチダウンは不可能ですが元々採用されているサイズが一般的な普及サイズなので安価であり純正サイズで問題ないでしょう。

 

広告



どのタイヤを選ぶか

最上位の価格帯は出来るだけ避けてコスパの良いタイヤを挙げました。

 

価格と氷上性能のバランス

ヨコハマ iceGUARD5 Plus iG50

最も安価な部類でありながら、高い氷上性能を持ったタイヤです。
➀走行距離が少ない傾向が多い車種なので4シーズン使用できる方も多いはず。
➁第一優先は価格だけど氷も怖いあなたにお勧め。
➂どちらかと言えば中型車程度の車重の重くない車にお勧め。フリードにはやや柔らかいと感じる方もいるかも知れませんが、ホンダ車らしくこの車格にしては軽く作られているため多くの方は不満を感じないでしょう。
iceGUARD5 Plus iG50について詳しく

 

価格重視で走行安定性重視

ダンロップ WINTER MAXX 01

最も安価な部類でありながら氷上性能もそれなりにあり、しっかりした走行性能を持っています。背が高い車なので硬めのこのタイヤを選択すると走行に安定感があります。
➀摩耗に強いのでアスファルトの上を走ることが多い準降雪地域向き。
➁優先順位の上位は価格だけど万が一の雪には対応したいあなたにお勧め。
➂しっかりしたタイヤなので背の高いフリードでも安定。シーズン早めから履いても摩耗の心配が少ない。
WINTER MAXX 01について詳しく

 

高い氷上性能

少し高いけれど非常に高い氷上性能を持つ安全性の高いタイヤを2種。

ヨコハマ iceGUARD6 iG60

それなりの値段はしますが氷上性能は最高クラスであり、効きの持続性も最高クラスです。
➀凍結の多い地域や坂の多い地域向き。
➁走行距離が1,000km/月以下で年数乗りたいあなたにお勧め。
➂ブリザックVRX2は高過ぎるので、氷に強く予算を抑えたタイヤをお探しのあなたにお勧め。
iceGUARD6 iG60について詳しく
 

ブリヂストン BLIZZAK VRX

高額な部類ではあるものの非常に高い氷上性能があり、効きの持続性も最高クラスです。急制動時にグリップが極端に下がることがあります。これはエッジ効果を増加させるために小さくしたブロックが倒れこむことが原因ではないかと考えられます。
➀凍結の多い地域や坂の多い地域にお勧め。
➁あまりスピードを出さない方向き。
➂トレッドが柔らかいため走行安定性はやや低い。

VRXについて詳しく

 

走行性能重視で氷上もしっかり

ミシュラン X-ICE3+

非常に高い氷上性能を持ちながら、走行安定性や耐摩耗性などバランスも良い。
➀凍結の多い雪国でも高い氷上性能を発揮するが、どちらかと言えば準降雪地域向き。
➁氷上性能だけでなくトータルバランス重視のあなたにお勧め。
➂高い剛性を持つためフラつきが気になるあなたにお勧め。
X-ICE3+について詳しく

 

唯一のハイト系用スタッドレスタイヤ

トーヨー Winter TRANPATH TX

アウトサイド側が強化されフラつきが少なくショルダー部の偏摩耗が抑えられる。
➀氷上性能はGARIT GIZ以下なので準降雪地域向き。
➁準降雪地域であって凍結するような気温になりにくい地域向き。
➂フラつき抑制や偏摩耗などアスファルト走行での特性を重視するあなた向き。
Winter TRANPATH TXについて詳しく

 

まとめ

・現在は15インチの設定のみです。
・採用されている185/65R15は汎用的で安価なので純正サイズの装着で問題ないでしょう。
・多くのユーザーは街乗りが多く高速走行が多くない傾向なので多少軟らかくても氷上性能が髙く、効きの持続性が高いブリザックやアイスガードが多くのシーズン使えてコスパが良いでしょう。
・車の特性から考えるとエックスアイスやウィンターマックスのような硬めでしっかりしたタイヤが走行安定性が高く向いていますが共に4シーズン目は氷上性能の顕著な低下を感じるでしょう。

 

比較的安価で氷に強いものを選ぶなら、iceGUARD5 Plusがお勧め。
比較的安価で雪に対応できるものを選ぶなら、WINTER MAXX 01がお勧め。
準降雪地域でたくさん走るなら、X-ICE3+、WINTER MAXX 01がお勧め。
氷上性能優先なら、iceGUARD6、VRXがお勧め。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です