TOYOのライトスポーツタイヤDRBが販売終了か

Pocket

売上げ低迷

2008年に発売されてからライトスポーツ、ドレスアップ車の安価なロープロタイヤとして一定の地位を確保してきた「DRB」の販売が終了となりそうです。発売から10年近くを迎え最近は売り上げも芳しくないのがその主な理由です。

 

アジア系タイヤに押され

そもそもスポーツタイヤとしては物足りないグリップで、安いアジア系のハイグリップタイヤに押された為に、そのラインでは売れなくなってきていました。更に大口径ホイール向けの安価なロープロとしてもアジア系タイヤに押されて厳しい状況となってきました。

 

NANO ENERGY 3のロープロ発売へ

そして、トーヨーのベースグレードタイヤであるナノ3のマイナーチェンジタイヤ「NANO ENERGY 3 PLUS」から扁平タイヤ(いわゆるロープロタイヤ)の販売が開始され役目を終えそうです。無駄飯喰らいを廃して、ある程度のシェアを持っているタイヤに役割を統合することでコストを抑え、低燃費性能などの今やスタンダードとなった付加価値で販売を伸ばしていく方針のようです。

 

ただ現在はその方向で話が進んでいる段階で本決まりという段階には至っていないようです。

 

2016年2月23日追記
どうやら販売終了の話は白紙になったようです。
関係者の言い分では特徴的なパターンなので残して欲しいという声が多いとのことでしたが、実際にはいくらかは売れていて、更にトーヨーにその位置に代わるタイヤがないことが主たる原因といったところでしょう。結局、’NANO ENERGY 3’では代わりにならず、それらしい代替を出すか、よっぽど売れなくなるまでは、このままお茶を濁しておこうってところでしょうか。

Pocket

パンク現場で一人で出来る修理キット

Pocket

7e595b2f4b19381b617922aadd272972_m
突然のパンク、長年車に乗っていても遭遇するのは稀です。稀であるが故にいざパンクしてしまったらどうでしょう?

 

ほとんどの方は途方に暮れて、そしてスマホか携帯に手が伸びる事でしょう。手の中のスマホでロードサービスを呼んでもよし、近くのお店を探すのも良いでしょう。自分で何とかしようと車の取扱説明書と格闘するのも手です。でも待って下さい。これが車に積んであれば…
①ロードサービスを待って多くの時間を無駄にする必要なんてありません。
②パンクしたままのタイヤで恐る恐る走行して近くの店を目指す必要もありません。
③手を汚して車の往来のある中、時間と労力をかけてスペアに交換する面倒もありません。

 

車を安全な場所に移動させたら、誰でもできる5ステップ、僅か数分で応急修理が完了してしまいます。もちろんジャッキアップの必要もありません。タイヤは車についたままでオーケーです。修理剤を入れたまま数百キロの走行が可能なので後は自分のタイミングでタイヤショップへ出向くだけです。但し、あくまで応急修理なので早めタイヤショップへ行くことをお勧めします。

 

特徴

使用が簡単なので車の知識は必要なし。力も必要ないので女性でもラクラクです。
コンパクトで軽量なので持ち運びも車載しておいても邪魔になりません。
日本ではもちろん、世界各国で純正採用されるほど信頼されています。
水性で非毒性なので洗い流せます。

 

ポイント:他製品とココが違う!

洗い流せばタイヤの再使用が可能であるということ。
多くのパンク修理剤は固形化してパンク箇所をふさぐため、本来なら修理が可能な状態のタイヤであってもタイヤショップに着く頃には修理不能になっており、タイヤ交換するしか選択肢がありません。その為、お財布に要らぬ負担がかかってしまいます。大口径の扁平タイヤならなおのことで、修理なら数百円~3,000円で済むものが数万円の出費なんてゾッとします。その点スライムスマートリペアは不燃性の繊維、結合剤、ポリマーが穴に詰まって空気漏れを止める方式なため患部以外に固着したりタイヤを傷めたりすることがなく、洗い流せば正規のパンク修理を施すことが出来ます。

 

こんな方にも便利

ランフラットタイヤからノーマルタイヤへ変更した方

本来、パンク修理せずにタイヤショップまで走行可能なタイヤであるランフラットタイヤ。便利である反面、非常に高価で乗り心地も硬くあまり日本人に好まれないことが多い為、タイヤ交換の際にノーマルタイヤに変更されることもしばしばです。しかし、ランフラットタイヤ標準装着車はスペアタイヤはおろか純正のパンク修理キットも装備されていません。ノーマルタイヤに変更した場合、パンクすれば即ロードサービスということになります。そこでパンク修理キットを積載する必要に迫られます。長年タイヤ業界にいた経験から様々な製品を見ましたが、どうせ買うならスライムをお勧めします。

 

スタッドレスタイヤの場合

スペアを搭載している車であったとしても当然ノーマルタイヤ、それも大抵の場合は応急用の細く頼りないものです。雪道で1本でもそんなタイヤで走りますか?ハンドル操作に関わりブレーキ性能に大きく関わる前輪だったりしたら、私なら応急タイヤでは怖くて走れません。片効きで幾らかでも車体が回ってしまうのが容易に想像できるからです。仕方がないのでロードサービスを呼ぶことになりますが、「通勤や子供のお迎えに行く最中などで急いでいるのに…」でも雪の日のロードサービスなんていつになったら来るのか分かったものではありません。でもスライムなら、その場ですぐに応急修理が出来てスタッドレスタイヤのまま走行が可能なんです。

 

ね?便利でしょ?便利なんですよ。

Pocket

もしもの雪への一万円以下の緊急対策

Pocket

今日は冬道での便利グッズをご紹介しましょう。

準降雪地域であまり雪道を走る事はないけれど、先日のような雪のときにも何とか対応したい。スタッドレスタイヤを買えばいいのは分るけれど、予算が厳しい。そんな方に朗報です。

豪雪、極寒の国ノルウェー生まれの雪道グッズ“AutoSock(オートソック)”です。

 

何が良いのか

①安い

サイズにもよりますが、ネット通販での一般的な販売価格は1万円を切って8,000円前後。スタッドレスやゴムチェーンを購入すれば何万円もになることを考えれば激安です。

 

②取付け簡単

柔らかい布状なので不慣れな方でも取付け簡単です。タイヤに上半分ほど被せて、車をちょっと前に出して反対も被せるだけで終了です。あとは走り出せば勝手にセンターが合う設計です。とはいえ多少走って問題ないか確認してから、速度を出していくのが良いでしょう。

 

③軽量・コンパクト

一般的な3色ボールペンと比べてもこの大きさです。

autosock02

重さも約850gと女性でも軽々です。トランクの床下などに入れておいても邪魔になりません。

 

④薄い

タイヤハウスとタイヤの間が狭いとゴムチェーンや金属チェーンは装着できません。装着できたものの走行中や車がバウンドした際にタイヤハウス内など車をキズつけるなんて悲しい事故もほぼ起きえません。なんたって薄いし布なんですからね。

 

⑤効きもしっかり

極寒地域で生まれた製品であることが、何よりの証拠です。
ノーマルタイヤでスタックした車に履かせてみましたが見事に脱出しました。「下手なスタッドレスより効くよ」なんて声も聞きます。準降雪地域のもしもの備えだけでなく、豪雪地域の方も「スタッドレスでスタックしてしまい、上からオートソックを履いて脱出した」という例もあるので持っておいて損はないと思います。

 

⑥耐久性も十分

時速50kmまでの使用条件で、乾燥路でも航続距離50km程度で、雪道なら100km程度の耐久性があり、丁寧に走ってあげれば200km程度の走行も可能です。年に1,2回、雪道を走る必要性がある程度なら十分と言えます。また使用したら洗って乾かせば再使用可能です。

 

⑦経年劣化の心配が少ない

スタッドレスタイヤは雪が降るか降らないか分からなくても準備として履いておきます。使用を開始すればゴムは劣化し始め3~5年程で使用限界に達します。一方オートソックは雪が降ってから使用するので所持だけしておけば「今年は降らなかったので来年使おう」といっておいておいても問題ありません。本当に必要な時だけ使用できるのです。布製品なので全く無視できるというわけではありませんが直射日光を避けるなど保管に気を付ければ数年は心配ないでしょう。

 

弱点

①最高速度

ナビゲーターは「せっかち」かつ雪道に慣れているので時速50kmはストレスに感じます。しかし、雪に慣れていない方なら雪道の運転は慎重になるでしょうから十分でしょうか?

 

②ジャビジャビは苦手

使用してみた結果、ある程度締まった雪や氷には強く、溶けかけの雪は少々苦手のようです。

 

高速道路の冬用タイヤ規制は?

各地域の道路管理団体によって判断が異なり、現場の係官の判断となります。
そもそも対応速度が時速50kmなので高速道路での使用には向かないのではと考えます。

 

購入方法

興味がある方は一度検討されては如何でしょう。トランクに入っているだけで安心感が違いますよ。
楽天なら15:00までに注文で翌日配送も可能なようです。量販店などでも1万円程度で取り扱ってるところがあるようです。



送料込みでも8,000円程度で購入できます。
購入の際はタイヤサイズ適合表を確認して、ご自身の車に適合した品番のものを注文しましょう。分からなければショップに車種とタイヤサイズを教えてあげれば適合品を選んでくれるでしょう。
タイヤサイズはタイヤ側面にこのような記述があるので確認しましょう。

 

tireSize_TireSide

 

Pocket

ホイールを変更する際はナットを確認しないと大事故につながることも

Pocket

ホイール変更時のナットについて

スタッドレスタイヤホイールやドレスアップなどでホイールを変更するにあたって、純正ナットがそのまま使えれば余計なものを用意せずに済み、幾ばくかの費用の節約にもなります。更にホイール交換のたびにナットを交換する煩わしさもありません。とはいえ、ホイールに合わない形状のナットを使用すれば、車体のガタつき、ハンドルのブレ、故障、最悪の場合脱輪などの重大事故を起こしかねません。そこで、ナット交換の必要の有無から、交換が必要な際に使用すべきナットをまとめていきます。

要素が多く長くなること必至なので、結論を先に記述してから話を進めます。
登場する大きな要素は3つ
➀車体から出ているタイヤホイールを固定するためのボルト(以下ハブボルト)
➁ホイール
➂ナット
であり、早い話が「この3つを正しく組み合わせてあげればよい」これだけです。

 

どうすればいいかだけ知りたい方はジャンプ

 

各要素の説明

➀ハブボルト

1)ピッチ

ネジ山とネジ山の間隔のことで、国産車はネジ山間隔1.5mmのP1.5と、1.25mmのP1.25です。ほぼメーカーによって決まると言って良いですがOEM供給車は注意が必要です。
P1.5 :レクサス、トヨタ、ホンダ、マツダ、三菱、ダイハツ
P1.25:ニッサン、スバル、スズキ

 

2)P.C.D.とハブボルトの数

P.C.D.とは各ボルトの中心を結んだ円の直径のことで、国産車では100mm、114.3mmがほとんどで、ハイエースや大型のSUVなどで139.7mm、レクサスLSなど一部高級車で120mm、ランドクルーザー200は150mmなどがあります。
ハブボルトの数、国産車では4穴、5穴がほとんどで、ハイエースや大型SUVなど一部で6穴が採用されています。
この2つを組み合わせて4穴のP.C.D.100mmなら4/100などと表記されます。
ホイールを選ぶ際に必ず確認しないと穴の位置や数が違うので物理的に装着できませんし、無理やり装着しようとすれば故障に繋がります。

 

3)ハブボルトの直径

国産車ではほぼ全てM12が採用されています。レクサスLSなど高級車の一部ではM14が採用されているものもあります。また、昔の軽自動車ではM10が採用されている場合もありますが、現在はほとんど見かけません。
必ずナットの穴の直径を合わせてあげる必要がありますが、ほとんどの国産車はM12のナットを用意してあげればよいでしょう。またホイールにあけられている穴の直径にも関わるのでハブボルトM14が採用されている車種の場合はホイールの選定にも注意が必要です。

 

4)ハブボルトの長さ

三菱車は他メーカーに比べてハブボルトが長いので、ショートナットを使用する際は注意が必要です。

 

➁ホイール

1)座面形状

テーパー座、平面(ストレート)座、球面座の3種類があり、純正ホイールはカーメーカーにより採用している規格が違います。カーメーカーによっては複数の座面形状を採用しており、車種によって違います。更にややこしいことにメーカーによっては同車種でもスチールホイールとアルミホイールでも座面形状が違い、当然それに合ったナットがついているので注意が必要です。
一方、カーメーカーの純正でないホイール(以降は社外ホイールと記載)は90%以上がテーパー座を採用しており、一部プリウスなどの超人気車種用の設定で平面座を採用したホイールも購入できます。球面座についてはほぼ皆無です。

座面

 

2)センターカバー型とオープンホール型

ナットホールを隠すように樹脂や金属製のキャップがついているセンターカバー型(左)とナットホールが見えているオープンホール型(右)があります。

マルチホイール

オープンホールホイール

細かい話になりますが、カバー型はナットが長すぎればカバーが当たってセンターキャップが出来ません。機能上は問題ありませんが美しくないので袋ナットを使う際は若干の注意が必要です。一方オープン型は貫通ナットを使うとハブボルトが風雨にさらされ錆びやすいし見た目も美しくありません。

 

3)P.C.D.とナットホールの数

➀ハブボルトの項で触れましたが、ホイールから見たP.C.D.とは各ナットホールの中心を結んだ円の直径のことです。当然ハブボルトと同じ設定のホイールでないと装着することが出来ません。

 

4)ナットホールの直径

ほとんどの車種ではM12ボルトが採用されている為、気にする必要はありません。M14ボルトが採用されている一部高級車や大型車のみ注意が必要です。

 

➂ナット

現在装着されているナットの形状が分かれば、ホイールを交換した際にナットの交換が必要かが分かります。今回の話の肝になります。

 

1)座面形状

ナットの座面形状とはホイールとの接触部分のことで、主に下図のような3種類が存在します。
ナット座面の種類

図の赤線部分がホイールとの接触部分で当然ホイール側の形状もナットに合わせて違います。というよりホイール側に合わせた座面形状のナットを選んであげる必要があります。
他にこんなに形状もあります。

テーパーナット

ストレートナット

球面座ナット

 

2)ピッチ

➁ハブボルトのピッチの項で触れたとおりでカーメーカーでほぼ決まるのでハブボルトに合わせたピッチのナットを選びましょう。
P1.5 :レクサス、トヨタ、ホンダ、マツダ、三菱、ダイハツ
P1.25:ニッサン、スバル、スズキ
ただし、OEM車は供給元のカーメーカーの規格を使用しているため注意が必要です。

 

3)ねじの呼び

ネジ穴の大きさのことで車体から出ているタイヤホイールを固定するためのハブボルトの太さに合わせた大きさのものを選択する必要があります。国産車ではほぼM12で、一部大型車や高級車にM14、一昔前の軽自動車の一部にはM10のものもありますが稀です。

 

4)貫通と袋

車体から出ているタイヤホイールを固定するためのハブボルトが見える貫通ナットとボルトを覆い隠す袋ナットがあります。
袋貫通

 

4)ナットの長さ

普通の長さのナットとショートナットが存在します。ショートナットはその名の通り、全長が短く作ってあります。主に軽自動車用でフェンダーからナットが突出しない為に短くしてあります。三菱車はボルトが長いので、ショートナットを使うと底着きしてしまう場合があり注意が必要です。
スタンダードショート

 

5)傘なし傘つき

俗に「傘つき」と呼ばれる工具がそれ以上奥へいかないように返しが付いたナットもあります。左のナットはスバルの純正ナットで右は社外ナットです。赤線で示したようにテーパー面の深さに大きな差があります。スバル車及び、スズキ車で社外ホイールに変更する際には元々のナットを流用するとナットホールから十分に頭が出ない為、工具がかかりにくい弊害が出ます。但し、最近のスズキ車では傘つきナットが純正採用され始めているので、その限りではありません。

テーパー面の深さ

 

ホイール変更時のナットについてのまとめ

カーメーカー純正ナット形状
座面(貫通/袋)
変更する
ホイール形状
ナット交換の
必要性
変更する場合に
最適なナット
LEXUS
(レクサス)
M12xP1.5/21HEX
平面(袋)テーパー
オープン型
必須テーパー(袋)
M12xP1.5/21HEX
平面
オープン型
なし
LEXUS
(レクサス)
M14xP1.5/22HEX
平面(袋)テーパー
オープン型
必須テーパー(袋)
M14xP1.5/21HEX
M14xP1.5/22HEX
平面
オープン型
なし
TOYOTA
(トヨタ)
M12xP1.5/21HEX
テーパー(貫通)テーパー
カバー型
なし
テーパー
オープン型
推奨※1テーパー(袋)
M12xP1.5/21HEX
テーパー(袋)テーパー
カバー型
なし※2テーパー(貫通)
M12xP1.5/21HEX
テーパー
オープン型
なし
平面(袋/貫通)テーパー
カバー型
必須テーパー(貫通)※3
M12xP1.5/21HEX
テーパー
オープン型
必須テーパー(袋)
M12xP1.5/21HEX
平面
オープン型
なし
TOYOTA
(トヨタ)
M14xP1.5/22HEX
平面(袋)テーパー
オープン型
必須テーパー(袋)
M14xP1.5/21HEX
M14xP1.5/22HEX
NISSAN
(ニッサン)
M12xP1.25/21HEX
テーパー(貫通)テーパー
カバー型
なし
テーパー
オープン型
推奨※1テーパー(袋)
M12xP1.25/21HEX
テーパー(袋)テーパー
カバー型
なし※2テーパー(貫通)
M12xP1.25/21HEX
テーパー
オープン型
なし
平面(袋)テーパー
カバー型
必須テーパー(袋)
M12xP1.25/21HEX
テーパー
オープン型
必須テーパー(袋)
M12xP1.25/21HEX
NISSAN
(ニッサン)
M14xP1.25/21HEX
平面(袋)テーパー
オープン型
必須テーパー(袋)
M14xP1.25/21HEX
HONDA
(ホンダ)
M12xP1.5/19HEX
球面(貫通)テーパー
カバー型
必須テーパー(貫通)※3
M12xP1.5/19HEX
テーパー
オープン型
必須テーパー(袋)
M12xP1.5/19HEX
球面(袋)テーパー
カバー型
必須テーパー(貫通)※3
M12xP1.5/19HEX
テーパー
オープン型
必須テーパー(袋)
M12xP1.5/19HEX
HONDA
(ホンダ)
M14xP1.5/22HEX
球面(袋)球面
オープン型
なし
テーパー
オープン型
必須テーパー(袋)
M14xP1.5/22HEX
MITSUBISHI
(ミツビシ)
M12xP1.5/21HEX
テーパー(貫通)テーパー
カバー型
なし
テーパー
オープン型
推奨※1テーパー(袋)
M12xP1.5/21HEX
テーパー(袋)テーパー
カバー型
なし※2テーパー(貫通)
M12xP1.5/21HEX
テーパー
オープン型
なし
平面(袋)テーパー
カバー型
必須テーパー(貫通)※3
M12xP1.5/21HEX
テーパー
オープン型
必須テーパー(袋)
M12xP1.5/21HEX
SUBARU
(スバル)
M12xP1.25/19HEX
テーパー(貫通)テーパー
カバー型
なし※5
テーパー
オープン型
推奨※1
※5
テーパー(袋)
M12xP1.25/21HEX
テーパー(袋)テーパー
カバー型
なし※2
※5
テーパー(貫通)
M12xP1.25/21HEX
テーパー
オープン型
なし※5
MAZDA
(マツダ)
M12xP1.5/21HEX
テーパー(貫通)テーパー
カバー型
なし
テーパー
オープン型
推奨※1テーパー(袋)
M12xP1.5/21HEX
テーパー(袋)テーパー
カバー型
なし※2テーパー(貫通)
M12xP1.5/21HEX
テーパー
オープン型
なし
SUZUKI
(スズキ)
M12xP1.25/19HEX
テーパー(貫通)テーパー
カバー型
なし※5
テーパー
オープン型
推奨※1
※5
テーパー(袋)
M12xP1.25/21HEX
テーパー(袋)テーパー
カバー型
なし※2
※5
テーパー(貫通)
M12xP1.25/21HEX
テーパー
オープン型
なし※5
DAIHATSU
(ダイハツ)
M12xP1.5/21HEX
テーパー(貫通)テーパー
カバー型
なし
テーパー
オープン型
推奨※1テーパー(袋)
M12xP1.5/21HEX
テーパー(袋)テーパー
カバー型
なし※2テーパー(貫通)
M12xP1.5/21HEX
テーパー
オープン型
なし

※1.機能的には問題ないが、ボルトが露出し雨風にさらされるので袋型に交換を推奨。
※2.カバーにナットが当たる場合があるので、その場合はテーパー貫通ナットに変更を推奨。
※3.カバーにあたらなければ袋ナットでも良いが、当たる可能性があるなら貫通が無難。
※4.貫通でも良いが、ボルトが露出し雨風にさらされるので袋型を推奨。
※5.工具がかかりにくい為、傘つきナットへ変更を推奨。

Pocket