ホーム

Pocket

タイヤ業界に身を置き10余年

現役でタイヤ販売に携わっているからこそ思うことがあります。


1.タイヤって高価ですし、適正価格も分かりにくいですよね。
2.見た目じゃ黒い塊で何が違うのか分かりにくいですよね。
3.どこで買うのが正解かすらわからないですよね。


車を支えているのはたった4本のタイヤです。しかも1本あたりの接地面積はハガキ1枚分ほどと言われています。たったハガキ4枚の面積で私達の命や安全を守ってくれているタイヤだから、間違いないものを選びたいところです。しかし、統一指標が少ないため性能の比較が難しく、高価なのに大抵は試乗も出来ず、おまけに一度買ったら数年使うことになるタイヤ。失敗したら数年、不安や不満が付きまとう気に入らないものと付き合うか、また何万円も払って買い直すしかありません。だからあなたがタイヤ選びに失敗しないようにお手伝いが出来ればと立ち上げたサイトです。


あなたにあったタイヤとその買い方、更にはお得に買う方法まで公開します。
高価な買い物だから安心して購入できるように優良ショップでの購入も可能です。


広告

今オススメのミニバン専用タイヤ3選

あなたにあったミニバン専用タイヤを簡単に選べます。ミニバンタイヤは沢山あれど大まかに分ければタイプは多くありません。その中で特にオススメな3つをセレクトしましたので、あなたの求めるタイヤをチョイスしてください。 ミニバン … 続きを読む 今オススメのミニバン専用タイヤ3選

今オススメの軽自動車タイヤ5選

以前は新車装着タイヤといえば、あまり性能の良いタイヤがついていなかったこともあり、今も安いタイヤがついているんだろうと思っている方が多くいます。しかし、近年の軽自動車は高い燃費性能を求められるだけでなく、小さなボディーの … 続きを読む 今オススメの軽自動車タイヤ5選

今オススメのエコカー向けタイヤ3×2

ハイブリッドカーに代表されるエコカーの特徴と言えば「燃費の良さ」と「走行音の静かさ」です。そこで、そのエコカーの性能を発揮させてくれる3つのタイプのオススメタイヤを2銘柄ずつご紹介します。 目次 1.たくさん走れる 2. … 続きを読む 今オススメのエコカー向けタイヤ3×2
Pocket

「ホーム」への17件のフィードバック

  1. 初めてコメントします。「統一指標が少ないため性能の比較が難しく、高価なのに大抵は試乗も出来ず、おまけに一度買ったら数年使うことになるタイヤ。」このコメントに全くの同感です。私は、便利な室内空間より重心の低い車が好きで、視界と足元さえしっかり確保出来れば、無駄なエンジン性能より勝ると考えています。楽しくサイトを見させて頂きます。

  2. いつも参考にしております。

    タイヤ性能の相対評価ゲージは全体的な評価か、カテゴリー別の評価かを知りたいです。
    例えばDZ102とLE MANS Vの相対評価ゲージは緑色の値で互いに重なっている項目がありますが、これは性能は変わらないと考えて良いのでしょうか。

  3.  いつも参考にしております。

     タイヤ性能の相対評価ゲージは全体的な評価か、カテゴリー別の評価かを知りたいです。
     例えばDZ102とLE MANS Ⅴの相対評価ゲージには、評価値が互いに対応している項目がありますが、これ は性能は同質であると考えて良いのでしょうか。

    1. まず相対評価ゲージですが「乗用車用サマータイヤ」など大まかなカテゴリーの中での相対評価とさせていただいています。一方で「サマータイヤやオールシーズンタイヤとスタッドレスタイヤ」など横の関係もある程度考えた上で表記しています。例えば、オールシーズンタイヤよりスタッドレスタイヤの方が雪上、氷上性能は高い評価をつけています。
      その上で「DZ102とLE MANS Ⅴの相対評価ゲージ…」の件ですが、評価ゲージが同じであればナビゲーターとしては近しい性能と考えて表記しています。10段階評価ですので全く差がないわけではありませんが近しいとお考え下さい。なお相対評価については新製品が増えたりするため年に数回全体を見渡して評価を見直しています。

  4. いつも参考にさせていただいています。
    グッドイヤーのEグリップエコを履いていますが、次回はLSエグゼかEグリップコンフォートをと考えていますが、いかがでしょうか?
    車は161カローラフィールダーです。

    1. 返信が遅くなり申し訳ありません

      藤本さんが何を求められているかによるのですが、ナビゲーターとしては161フィールダーは車格に対してタイヤが細いと考えています(標準的な175/65R15の場合)。
      そこでしっかりめのタイヤを履いてあげるのが良いと考えているのですが、藤本さんが挙げた2つのタイヤは共にしっかり感のあるタイヤでどちらもいい選択だとも考えます。
      最終的には藤本さんが何に重きを置くかになりますが2つのタイヤの特性の差を挙げておきます。
      ①LS EXE:低燃費タイヤでありながら運動性の高いタイヤで機敏さとハンドリングの良さが魅力です。一方で設計としてはやや古く最新のゴムに比べると柔軟性に乏しいです。
      ②E-GRIP コンフォート:しっかりとしたコシの強さを持っているので走行安定性は良いです。勿論乗り心地と静粛性はこちら上です。一方でクイックなハンドリングはありません。

      少しは参考になりましたでしょうか?

      1. 分かりやすく解説していただきありがとうございます。
        車的にもハードな走りをする車ではないので、E-GRIPコンフォートを選択しようと思います。

  5. ダンロップヴューロVE304においてラベリングの文章部分が、間違っていると思います。このサイトをいつも参考にさせていただいている手前、修正してください。

    1. いつも拝見しております。ありがとうございます。
      ダンロップのルマン5とヴューロVE304のドライ性能がメーカーHPとの
      整合性が取れていないと思うのですが如何でしょう?自分がヴューロVE304を購入したいと
      検討しているからかもしれませんが・・・(笑)

      1. 山崎さんいつも見ていただいているようでありがとうございます。
        1.相対評価をしている関係上、定期的な見直しを行っていますが完璧でないことも事実です。新製品も多数リリースされましたが現在非常に多忙なため3月中を目処に一度見直しを予定しています。
        2.ナビゲーターの評価であるのでメーカーの評価と整合性が取れていない点もありますが、評価の仕方も違いますからそれは良しとしています。ナビゲーターの評価では「ドライ」に運動性能を含めて評価していて、その運動性能の点でルマン5の方を若干高く評価しています。
        3.VE304は現在50プリウスに装着して評価していますが素晴らしいタイヤです。静かですし重量感からくるどっしりとした安定性があります。運動性能は高くありませんがその種のタイヤではないので問題にはならないでしょう。ナビゲーターも購入する価値のあるタイヤだと考えます。

  6. いつも参考にさせていただいております。
    現在現行型スバルBS9アウトバックLimitedの純正Dueler H/P Sport 225/60/18を履いていますが、
    走行距離が少ないことと、年数も5年はいているのでひび割れが出てきて、
    溝はありますが高速走行が増えるなら交換推奨とされています。
    スバルディーラーからはアイサイトがある、後続のALENZA001でサイズがないため、
    同じDueler H/P Sportを勧められます。
    しかし、Dueler H/P Sportは値段が高いことがネックです。
    運転は普段は買い物で乗る程度ですが、
    長期連休に高速道路をドカンと乗るパターンです。
    結構速度も出します。
    確かに高速走行時のハンドリングは凄く良くて気に入っています。
    その性能はむしろ持て余すのではないかという性能ですが、
    タイヤ剛性が高いため、街乗りだと乗り心地は固く感じます。
    最近登場したDueler H/L 850も薦められますが、
    街乗りや燃費を重視するならといった限定的なことを言われます。
    タイヤ剛性もDueler H/P Sportよりも低いから高速で速度を出すなら…と言われます。
    しかも、Dueler H/P Sportとあまり値段的にも変わりません。
    スバルディーラーがブリジストン推奨なので他の選択肢を提示してくれません。
    何かアドバイスは頂けないでしょうか。
    長文、乱文失礼しました。

    1. いつも見ていただいているようでありがとうございます。
      返信が遅くなり申し訳ありません。

      1.ナビゲーターなりの結論を先に言います。
      たまちゃんさんには「ヨコハマ BluEarth XT AE61」がいいのではと考えます。

      2.まず大まかな理由を以下に記載します
      (1)ブリヂストンに比べて安い
      (2)H/P SPORTほどの剛性はないが、高速安定性や快適性が高い
      (3)ゴム劣化はゆっくり目

      3.もう少し詳しく説明します。
      勿論H/P SPORTは素晴らしいタイヤですが、設計が古くなっているのも事実です。また元々普通車用のスポーツタイヤのパターンをSUV用に転用した設計のため、ノイズや突き上げ感がは大きく快適性は高くありません。
      また、たまちゃんさんのおっしゃられるようにやはりややオーバースペック気味なところもありますよね。

      そこで運動性能は多少落としても高速走行での安定性能は落とすことないのが「AE61」です。速度を出している際の車線変更ではやや柔らかいと感じるかもしれませんが、直進安定性もよく排水性能も申し分ありません。瞬間的な縦入力はいなしてくれるのでその分突き上げ感は少なく快適性は増します。

      また、年間走行距離が少ないのもポイントでヨコハマの中上級グレードのコンパウンドは経年による性能低下がゆっくりなのでお勧めです。
      沢山走らないとのことなので予算を抑えたいのは頷けます。その中で「AE61」はよい選択してはないかなと考えますが如何でしょうか?

  7. ご回答いただきありがとうございました。
    もう、ドンピシャリのご回答でした。
    H/P Sportの設計の古さも気になっていました。
    あとは走行距離の少なさからくる劣化は、
    YOKOHAMAがゆっくりで良いと言われていたので、
    確信が持てました。

    ご提案のありましたBlueEarth XTは最近出たタイヤで、
    同じ時期くらいに、
    GEOLANDAR CVやDUNLOPのVEURO VE304も出てきて、
    気になっていましたが、
    Blue EarthXTも含めてH/P Sportと方向性がどうなのか気になっていました。

    また、アウトバックはアメリカでは新型になっていて、
    タイヤサイズは変更がなかったですが、
    タイヤはYOKOHAMAのAVID GTになっていたので、
    より新型は走りに意識をしている風潮があったため、
    どういう方向性のタイヤが向くのかものすごく悩んでいました。

    上記タイヤの登場とタイヤナビゲーター様のご意見がなければ、
    快適性と劣化の穏やかさを取るならYOKOHAMAのBlueEarth RV-02、
    SUV向けタイヤとしてはTOYOのPROXES CF2 SUVかGRANDTREK PT3で、
    スポーツ性を取るならH/P Sportに近いLATITUDE Sport3やPilot Sport 4 SUVかな、
    でも、ミシュランタイヤなので劣化も心配して、
    結局どちらを取ろうかなと延々と悩むところでした。

    2020は良いタイヤが登場して助かります。
    ご意見を踏まえ、交換の準備を進めようと思います。

    改めてありがとうございました。
    またも長文、乱文になってしまい、
    失礼いたしました。

  8. いつも参考にさせていただいております。
    相対ゲージ評価欄にゴム寿命ゲージを追加を検討していただけないでしょうか。
    距離を乗らないユーザーにとってはかなり重要な情報になるかと思います。
    難しい事とは思いますが、是非お願い致します。
    勝手ながら失礼いたしました。

    1. いつもご覧頂いているようで、ありがとうございます。
      ナビゲーターとしても掲載したいと考えている指標で以前から検討していますところではあります。少し先になるかもしれませんが掲載の方向で検討いたします。
      貴重なご意見ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

現役プロが教えるタイヤ選びや買い方総合サイト